心が通じる人、通じない人

心が通じる人、通じない人がいる。
ここ一年ほど、それをつくづく実感している。

会ったこともないのに、通じる(と感じる)人もいる。
一方で、付き合いが長くても、どうしても通じない人もいる。

私が、通じ合えると感じるのは、他者を思いやれる人だ。

自分の意見や都合を押し付けない人。
他者を否定したり、非難したり、攻撃しない人。
違いを認め、違いを理解できる人。

そんな人とは、心が通じると感じる。
しかし、そうでない人とは、どうやっても通じ合えない。
私は、残念ながら、そんな人は苦手だ。

通じ合えない人、苦手な人とは、離れる。
感謝し、赦し、手放す。
関わりにならない。
それが、いちばんだと思っているし、そうしている。

関連記事

  1. 「治療院革命」を訴える治療家に対する疑問

  2. 艱難汝を玉にす

  3. 縁、志と想いでつながる

  4. みなさんに真剣に考えていただきたいこと、医療費の真実

  5. フォークを曲げて気付いたこと

  6. 波動の性質

  7. 不確かな時代に

  8. 二つの未来

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.