整体的セルフケアについて(1)/整体即生活、生活即整体

よく「セルフケアとして、何をすればよいですか?」と尋ねられる。
本日は、このことについて書いてみたい。

私のセルフケアの基本的な考え方は、

「整体即生活、生活即整体」

である。

その意味は、日常生活を送ることが、そのまま整体になる。
つまり、特別なセルフケアは不要である。
それが、基本であり、理想でもあると、私は考えている。

合氣道の達人と言われた塩田剛三師が、次のような言葉を遺しておられる。

「行住坐臥、一切の事勢、これ最善の道場」

これは、道場だけが修行の場ではない。
生活することすべてが最高の道場と考え、修行に励め、という意味である。

整体も、これと同様と私は考える。

呼吸する、立つ、座る、歩く、話す、仕事する。
日常において、無意識で行っているこれらのことを、一つひとつ、丁寧に整えていくこと。
それを習慣化することが、最も効果の高いセルフケアだと私は考える。

その第一歩として、意識して次の三つに取り組むことを、私は推奨している。

1)呼吸を整える
2)姿勢を整える
3)言葉を整える

個々については、稿を改めて解説をしたい。

関連記事

  1. 人さまの健康に関わる仕事に携わる者は謙虚さを忘れてはならない

  2. いのちの学校

  3. 野生動物から学ぶ

  4. 日常に生かす整体

  5. 自然と寄り添う新しい生き方へ

  6. 慢性筋肉疲労が病気をつくる

  7. Black Dog(うつに陥った人の気持ち)

  8. 生活実践の中に悟る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

アーカイブ

最近の記事

  1. 合掌

    2017.10.9