21世紀の民家

日本の自然、風土、精神性。
本来、それに合った暮らし方、社会のあり方があった。

現代社会は、そこから大きく外れてしまった。
利益最大化、経済効率最優先の企業ばかりが隆盛し、日本古来の自然、風土、精神性はズタズタにされてしまった。
それに伴い、人々の暮らしは荒廃し、社会は狂ってしまった。
にも関わらず、多くの人は表層の豊かさや目先の快楽に心を奪われ、実相や本質を見ようともしない。

そのような中、目の覚めるような仕事ぶりを目の当たりにした。
一昨日、奈良県吉野に建つ、ある新築住宅へお邪魔した。
この住宅は、私が尊敬する社長さんが経営されている工務店さんが、昨年、手がけられたものだ。

本当に素晴らしい家だった。
本物の自然素材をふんだんに使い、気候風土や家族の暮らしを考え抜いた設計と建築。
まさに、この社長さんが提唱される「21世紀の民家」だった。

木は、日本の暮らし、文化を支えてきた、とても大切な存在だ。
しかし、林業、原木売買、製材、建築等、木に関わる産業が、危機を迎えているという。
詳しくはわからないが、経済効率最優先のあおりを受けているのだろう。

それでも、この社長さんは「自分にできることをする」と断言する。
良心に背かず、信念を貫き、社会の未来を考え、人を大切にし、高品質の住宅を提供し続けておられる。
その想いと志と行動に、大きな感銘を受ける。
一昨日お邪魔した、吉野という地に建つこの住宅は、大きな一里塚とも言えるものではないかと思う。

私たちのご先祖様が、長い年月をかけて育て、守って来たもの。
現代において、そこに光をあて、未来へとつないでいくのは、非常に厳しく、困難な道であると思う。
それでも、その道を行くしか、未来に希望はないと思う。

圧倒的な存在感をもって迫る、21世紀の民家。
それに触れ、私も、日本の文化や精神性を未来へつないでいく端くれの者として、自分にできることを精一杯やっていこうという決意を新たにした。
ありがとうございました。

以下、この工務店の社長さんのFacebook投稿を引用させていただく。

関連記事

  1. よいものを大切に、長く使う

  2. 脱原発より、脱サラリーマンを

  3. 子どもに向精神薬を飲ませることについて

  4. 名刺を作るなら…

  5. “悟り”と“癒し”

  6. 古巣へ

  7. 新ブログ、始動。

  8. 「生きる力」の強い子を育てる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

アーカイブ

最近の記事

  1. 木蓮の涙

    2017.11.10