20年ぶりの再会

20数年前、初めて自分で購入したパソコンは、Macintosh PowerBook 520だった。
どうしてもパソコン通信をしたくて、購入したパソコンだった。

モノクロ画面、RAM12MB、HDD320MBというスペック。
モデムや補助バッテリーなどのオプションを付けたため、支払った金額は40万円を超えていたと記憶している。

電話回線を通じて、画面上に他人が綴った文章が流れた時は、心底感動した。
当時はまだインターネットは一般的ではなかったが、デスクトップから世界中の人と繋がれる事実に、心が踊った。

あれから、約20年。
誰もが手のひらに乗るパソコン(スマートフォン)を所有し、いつでもどこでも世界に繋がるのが常識になった。
それは、自由で希望あふれる社会への鍵であると同時に、本格的な監視社会到来の布石でもある。

約20年ぶりに手にした、革命的に進化したMacBookには、驚くことばかりだ。
それと同等とは言わないが、私自身も20年前とは大きく変化した。

これからの20年、人類はどのように歩みを進めるのか。
よき未来を拓くために、この新しい相棒と共に、ワクワクした気持ちで挑みたいと考えている。

関連記事

  1. 鶴のす

  2. 迷うなら、やれ!!

  3. TOYOTA 2000GT

  4. 私のモバイルコンピューティング遍歴

  5. ゴールデンウィークに思うこと

  6. タイのローカルカレー

  7. 僧侶キャラクタ―にひかれる私、映画「ローグ・ワン」より

  8. 木蓮の涙

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

アーカイブ

最近の記事

  1. 木蓮の涙

    2017.11.10