守らなくてはならないもの

今週の定休日、月曜日に枚方公園前へ出かけた。
あのあたりは、おしゃれな店が集中しているので、それをのぞくためだ。

しかし、どこも閉まっている。
月曜日は、軒並み定休日なのか?

調べてこなかった自分が悪い。
残念だが、仕方がない。

で、急に思いついた。
枚方公園前は、比較的古い町だ。
もしかしたら、昔ながらのそば屋か食堂が残っているかもしれない。
そこで、うまいカツ丼を食べたい!と…

すると、想像通り、あったのだ。
駅前の「一力食堂」。
イメージしたもの、そのままだった。
もしかしたら、昔、小さな頃に来たのかもしれない。
その記憶が覚醒したのか?

まあ、どうでもいい。
とにかく、カツ丼が食べたい。

出て来た!
見た目、味ともに、これが食べたかった!

若い女将さんに、いつから営業しているのか、尋ねてみた。
昭和初期からで、現在三代目だそうだ。

「どうすることもできなくて、そのままほそぼそやってます…」

ちょっと恥ずかしそうに、でもどこか誇らしそうにおっしゃった。
私は、すごくいい気分だった。

こういう個人店が残っていかないといけない。
強く、そう思う。
これが私たちの文化であり、守るべきものだと思う。

関連記事

  1. 自由自在

  2. 素直さ

  3. 武器ではなく命の水を

  4. 新ブログ、始動。

  5. 幸せの大河

  6. フォークを曲げて気付いたこと

  7. 艱難汝を玉にす

  8. 二つの未来

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の記事

  1. 合掌

    2017.10.9

  2. 生き方

    2017.10.6

アーカイブ