「生きる力」の強い子を育てる

ここ数年で、整体院への子供の来院が急増した。
多くは「起立性調節障害」と呼ばれる疾患で学校へ行けなくなった、小・中学生(一部高校生)だ。

私は、学校へ行ける、行けないはあまり問題ではないと考えている。
「生きる力」さえあれば、学校などどうでもいい。
さらには、逆に学校が子供の「生きる力」を削いでいるような気さえしている。

そんな中、先日、霊気の先生からお勧めいただいたこの本。
「生きる力」の強い子を育てる。
著者は、元ソニーの取締役である天外伺朗さんである。

「生きる力」とは何か。
天外さんのお考えを、本文から抜粋する。

「生きる力」というのは、言葉を変えれば「自己実現に向かう力」だ。自分の能力を伸ばすとともに、それをいかんなく発揮し、思いを実現して社会の中で意義のある活動をし、自らの位置づけを獲得していく力だ。

さらに、天外さんは、次のように定義をされている。

生きる力の定義

1、大地をしっかりと二本の足で踏みしめて立つ力(アレクサンダー・ローエンのグラウンディングと言う概念、…自立心、足が地についている、外部の雑音や他人、世間の評価で信念が揺るがない…など)
2、自らを肯定する力
3、自らを常に磨く力
4、自己実現へ挑戦する力
5、意志の力
6、物事を前向きに解決する力
7、大自然を畏敬する心
8、全体の中で適切で調和的な立ち位置を確保する力
9、人生を楽しむ心
10、感受性、感性
11、独創力
12、決断力
13、好奇心
14、やる気
15、人間的魅力
16、積極性、行動力
17、バイタリティー
18、交渉力

とても共感できる。

では、子供の「生きる力」を育むには何をすれば良いのか。
この本にも色々書かれているが、私が何よりも必要だと思うのは、大人が自分の「生きる力」を育むことだと考えている。

今の社会を見よ。

自己実現など、とうに放棄した。
夢みたいなこと自分には関係ない、今がしのげればそれでいい。
あるいは、自己実現など考えたこともない。

そんな大人が大半を占める。

現状打破したいと思いつつ、結局は何も行動しない。
安全で居心地の良い日常にとどまり続ける。
そんな大人が「生きる力」の強い子を育てるなど、どだい無理な話である。

まずは大人から、自分から。
私たち大人が、自分らしく、自立して、自由に毎日を生きること。
言葉を変えれば、大人が輝いて生きること。
それがスタートだと私は考える。

関連記事

  1. 次男の誕生日に思うこと

  2. 一瞬で痛みがとれる?

  3. 不確かな時代に

  4. 自由自在

  5. 一隅を照らす

  6. 合掌

  7. ネットでつながるご縁

  8. 新ブログ、始動。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

アーカイブ

最近の記事

  1. 木蓮の涙

    2017.11.10