メニエール病

内耳の障害が原因で生じるめまいを「メニエール病」と呼びます。
かつて、めまいは脳の充血でおこると考えられていましたが、1861年、フランスの耳鼻咽喉科医であったメニエールが、初めて内耳の障害でもめまいがおこることを発表しました。

症状

非常に激しいめまい発作が生じ、周囲がぐるぐる回り(回転性めまい)、これが2~30分、長いときは半日くらい続くこともあります。
発作の間隔は人それぞれで、毎週のように発作をおこす人もいますし、何年かに1回という人もいます。
めまいが軽いときには、物が流れる感じとか、体がグラグラ・フラフラする感じのときもあります。
発作と前後して耳がつまった感じや、耳鳴り、難聴が一緒に出現することもあります。
吐き気や嘔吐、冷や汗、血圧の変動などの自律神経症状も起こります。
はじめのうちは、発作がないときには聴力はもとに戻りますが、めまい発作を何回もくり返しているうちに、聴力は次第に悪くなり、もとに戻らなくなって、耳鳴りも持続するようになります。

原因

内リンパ水腫(内耳のむくみ)によって、耳鳴りや難聴を伴った回転性のめまい発作を繰り返すと考えられています。
しかし、なぜ内リンパ水腫が生じるかは、解明されていません。
メニエール病の20~40%は、左右両側に生じます。
しばしば、ストレスや過労が発作の引き金になります。

トップページへ戻る