五十肩(50代、女性、老人介護施設勤務)

【免責事項】本ホームページに掲載した事例やお客さまの体験談は、個々の成果や個人の感想を表現したものであり、万人への効果を保証するものではないことをご理解ください。施術による効果には、個人差があります。

ご予約・ご相談  072-813-8223

どのような症状か

数ヶ月前から、右肩が痛くて、腕を上げることができない。
手が頭に届かないため、髪をとかせることができない。
また、入浴時に左の脇の下を洗うことができない。
肩や首の凝りもあり、肩の激痛で夜中に目が覚めることもある。
仕事にも大きな支障があるため、近々仕事を辞める予定。

見立てと施術

老人介護という重労働による、過度な疲労が原因と推察。
また、しばらく他の整体院へ通い、強い施術を受けていたとのこと。
もともとの症状に、さらに緊張を重ね、悪化させた模様。
初回は、痛みのある箇所へはアプローチせず、全身調整のみとする。
その結果、手が頭に届くようになる。

指導と経過

職場で理解を求め、できる限り右腕を使わないように、指導。
2回目以降、2週間に一度、施術を受けるように提案。
姿勢改善がたいへん重要なため、毎回、全身調整を中心とする。
様子を見ながら、腋下筋群、腱板等へもアプローチ。
初回施術から数え、約3ヶ月が経過。
9回目の施術で、バンザイができるようにまで回復。
その後も、メンテナンスのため、数ヶ月に1度、施術を受けに来ている。
職場も辞めずに済み、今も元気で仕事を続けている。
また、肩や首のコリも、大幅に低下したとのこと。

ひとこと

冒頭に述べましたが、40~50代の女性に多い症状です。
もちろん、男性でも発症します。
ほとんどの場合、原因は、いわゆる「使い痛み」です。
悪い姿勢のまま、拳上する動作を続けているために生じることが多いです。
転倒や強い打撲等が加わっている場合もあります。
いずれにせよ、過緊張と過度な疲労が、主な原因です。

肩関節は、上腕骨と肩甲骨の接触面積が、とても狭くなっています。
にもかかわらず、肩関節の可動範囲は、非常に大きいです。
多数の筋肉が関節を支え、自由自在な可動に関わるため、そのバランスがとても重要です。
前述の原因により、そのバランスが崩れるため、可動域が制限されます。

症部筋肉の緊張や疲労と除去することが、必要です。
しかし、もっと重要なのは、十分な休息と、姿勢の改善です。
そのため、日常生活習慣の改善が、早期治癒の鍵を握ります。

五十肩の症状で整形外科へ行っても、消炎鎮痛剤を処方することくらいしか、処置をしてくれません。
整骨院では、電気をあてる、マッサージというお決まりの処置でしょう。
ひどいのは、固まってはいけないので、痛いのを我慢して、腕を回しなさいという指導をされ、余計に悪化させたという方もいらっしゃいました。

この症状は、組織に大きな損傷がない限り、自然に治癒します。
しかし病院では、治癒に1~2年かかると言われます。
私たちができるのは、それを半年や、数ヶ月に短縮するための指導です。
魔法のように、一発で治ることなど、ありません。

中には、数回施術を受けて、変化がないと施術を中断する方もおられます。
たいへん、もったいない話です。
根本的に治癒させたいなら、焦らないで欲しいのです。
早く治したい気持ちはわかりますが、もっと身体をいたわっていただきたいと、切に願います。

ご予約・ご相談  072-813-8223

24時間、365日ご予約可能

翌日以降のご予約であれば、専用フォームにて受け付けをしております。
営業時間や定休日にかかわらず、24時間、365日、申し込み可能ですので、初めて当院をご利用いただくお客さまは、どうぞご利用ください。