慢性腰痛(30代、男性、会社員)

【免責事項】本ホームページに掲載した事例やお客さまの体験談は、個々の成果や個人の感想を表現したものであり、万人への効果を保証するものではないことをご理解ください。施術による効果には、個人差があります。

ご予約・ご相談  072-813-8223

どのような症状か

11年前にぎっくり腰を経験した。
それ以来、毎年3~4回、ぎっくり腰を繰り返す。
そうなると、元の生活に戻るまで、約一週間はかかる。
現在は、朝の起床時に、激しく痛む。
洗面など前屈みの姿勢、椅子から立ち上がる時にも、鋭い痛みがある。
急な動作が、怖い。
ゆえに、ここ2~3年は、常にコルセットを利用している。

見立てと施術

立位、座位での姿勢が猫背気味。
仕事は、デスクワークと、車での移動が多いとのこと。
脊柱の生理湾曲の崩れが、主原因と考える。
腰背部を中心に、全身を緩める。

指導と経過

初回の施術により、腰が軽くなったことを実感。
日常における、座り方の指導を行う。
3回目までは、ほぼ3日おきに施術を行う。
それ以降、前屈時の痛み、怖さは解消。
5回目以降は、コルセットを外して生活できるようになる。
初回より約2か月で、合計7回施術。
腰痛を意識することなく、生活ができるようになったので、終了とする。

ひとこと

冒頭に述べましたが、腰痛で悩む方は多いと思います。
どのような痛みであれ、症状であれ、必ず原因があります。
持病とあきらめずに、治癒に取り組んでいただきたいと思います。

腰は、文字通り、身体の「要」です。
上半身の重量は、体重の約60%と言われています。
それを支えているのが、腰です。

整形外科や整骨院で腰痛の相談をすると、よく「腹筋と背筋を鍛えなさい」と指導を受けるようです。
無意味とは申しませんが、私はお勧めしません。
運動により負荷をかけ、さらに腰を傷めるリスクがあるからです。

それに、運動で鍛えられるのは、表層筋です。
姿勢を支えるのは深層筋であり、表層筋を鍛えても効果は低いです。
プロのスポーツ選手でも腰痛の方がいらっしゃることを考えれば、誰でもすぐにわかることです。

さらに申せば、姿勢を支えているのは、筋肉だけではありません。
大切なのは、筋肉等の結合組織、内臓、骨格のバランスです。
そして、血液や体液の循環です。
身体は、常に最適のバランスを探そうとしています。
その働きを助けてやることが、重要です。

腰痛予防に、よい姿勢は非常に大切です。
ただ、よい姿勢は意識してできるものではありません。
身体が自然にそうなるよう導くのが、理想です。
そのためには、全身の緊張を除去することが、鍵となります。

コルセットの利用は、緊急時の短期利用に限った方がよいと考えます。
常時利用は、以下の理由で、お勧めできません。

(1)身体を締め詰めるため、血流を阻害する。
(2)身体がコルセットに頼り、弱ってしまう(自立できなくなる)。

ご予約・ご相談  072-813-8223

24時間、365日ご予約可能

翌日以降のご予約であれば、専用フォームにて受け付けをしております。
営業時間や定休日にかかわらず、24時間、365日、申し込み可能ですので、初めて当院をご利用いただくお客さまは、どうぞご利用ください。