月経前症候群でお悩みのあなたへ

line.png

毎月訪れる生理が、憂鬱ではありませんか?

若い女性で、月経前の不快な症状で悩む方が増えているようです。そのうち、多くの人が、鎮痛剤やホルモン療法などの対症療法によって、症状を抑えています。しかし、これらは根本解決にはならないばかりか、新たな不調の原因を生むことも少なくありません。身体の仕組みを正しく理解し、根治に向けて取り組まれることを強くお勧めいたします。

ご予約・ご相談  072-813-8223

月経前症候群について

月経前症候群PMS; Premenstrual Syndrome)とは、月経の2週間ないし1週間くらい前からおこり、月経開始とともに消失する、周期性のある一連の身体的、および精神的不快症状の総称です。
月経がはじまって2~3日目にピークを迎える月経困難症(=生理痛)とは別のものです。

月経前症候群の症状

月経前症候群の代表的な症状を以下に列挙いたします。
症状は、単独で現れることはほとんどなく、複合して現れます。
症状の現れ方は、月によって変化することもあります。

身体的症状

  • 腹痛、下腹部痛
  • お腹や下腹部がはる
  • 頭痛、頭が重い
  • 乳房が痛い、乳房が張る
  • 腰痛、腰が重い
  • 肩こり、首こり
  • 関節が痛い
  • 脚や足がむくむ、重い
  • 肌荒れ、にきび、吹き出物
  • 悪心、動悸
  • めまい
  • のぼせ
  • 食欲増進(過食)、減退
  • 便秘、下痢
  • 不眠、過眠
  • 微熱が続く

精神的症状

  • イライラする
  • 怒りやすい、闘争的になる
  • 精神的に不安定になる
  • 憂鬱、うつっぽくなる
  • 判断力が低下する
  • 集中力が低下する
  • 無気力になる
  • ぼーっとする
  • 孤独感に苛まれる
  • 疲れやすい
  • パニックを起こす
  • 涙もろくなる
  • 不眠、寝付けない
  • 悪夢を見る

月経前症候群の原因

排卵から月経までの期間(黄体期)に、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が多く分泌されます。
この黄体期の後半に、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが急激に低下し、脳内のホルモンや神経伝達物質の異常を引き起こすことが、月経前症候群の原因と考えられています。
しかし、脳内のホルモンや神経伝達物質はストレスなどの影響を受けるため、月経前症候群は女性ホルモンの低下だけが原因ではなく、多くの要因から起こるといわれています。

月経前症候群の治療

医療機関(婦人科)での治療は、症状に合わせた対症療法になります。
たとえば、頭痛や腰痛には鎮痛剤、むくみには利尿剤、イライラやゆううつ感には抗うつ剤や精神安定剤などを用います。
場合によっては、低用量ピルで排卵を抑制して、ホルモンバランスを調整する治療法を行うこともあります。
漢方薬が用いられることもあります。

症状が重い場合や、急に症状がつらくなったときには、子宮内膜症などの疾患の可能性もあるので、必ず一度は婦人科を受診することをお勧めいたします。

ご予約・ご相談  072-813-8223

当院の見解と取り組み

当院のお客さまで、月経前症候群を主訴とする方は、どちらかといえば少数です。
というより、数ある症状のひとつに、本症候群が該当すると表現するのが適切でしょう。
そういう意味で、本症候群でお悩みの方は、とても多いと思います。

月経前症候群は、病気ではありません。
その正体は、ズバリ自律神経失調症状のひとつであり、特にホルモンの分泌や調整に、著しい変調が生じている状態と考えております。
また、循環不全も大きく関わっていると考えられます。

いずれにせよ、対症療法で痛みや不快感を鎮静化するのではなく、原因を追究し、身体の機能を正常化する取り組みが必要だと考えます。

ストレッチする女性

月経について

月経は、申し上げるまでもなく、たいへん重要な営みです。
主な役割は妊娠の準備ですが、女性の身体を浄化するという役割もあります。
いずれにせよ、生来必要があって備わった、自然な営みです。

本来、自然な営みに痛みや不快な症状は伴いません。
痛みや不快な症状が発生するということは、不調和が生じているということです。
月経前症候群は、その知らせと考えてよいでしょう。

月経前症候群について、婦人科で検査をするのは悪いことではありません。
しかし、婦人科での治療や処置は、大半が対症療法です。
一時しのぎに留めるべきであり、継続的に利用してよいことはないことをご理解ください。

なぜなら、対症療法を重ねることにより、身体本来の機能や営みが阻害されることが、多いからです。
将来、赤ちゃんを出産しようとお考えなら、なおさらのことです。

月経前症候群の原因

月経前症候群の本当の原因は、明確にはされていません。
次のような原因が重奏したり、関連し合ったりして生じていると考えられます。

ホルモン分泌・活動異常

現在、最大の原因として考えられているのが、ホルモンの分泌や活動の異常です。

ホルモンとは、生体の内外に生じた情報に対応し、体内において特定の器官で合成・分泌され、血液など体液を通して体内を循環し、別の決まった細胞でその効果を発揮する生理活性物質のことです。
前述した通り、これらホルモンのうち、プロゲステロンとエストロゲンのバランスが崩れることで、さまざまな症状が発生すると考えられています。

以下、執筆中。

循環不良

執筆中。

骨盤の歪み

執筆中。

月経前症候群の対策

執筆中。

ご予約・ご相談  072-813-8223

24時間、365日ご予約可能

翌日以降のご予約であれば、専用フォームにて受け付けをしております。
営業時間や定休日にかかわらず、24時間、365日、申し込み可能ですので、初めて当院をご利用いただくお客さまは、どうぞご利用ください。