椎間板ヘルニア、坐骨神経痛(60代、男性、無職)

【免責事項】本ホームページに掲載した事例やお客さまの体験談は、個々の成果や個人の感想を表現したものであり、万人への効果を保証するものではないことをご理解ください。施術による効果には、個人差があります。

ご予約・ご相談  072-813-8223

どのような症状か

半年前、左臀部から足先に痛みとシビレを感じる。
近所の整形外科を受診し、腰の牽引治療を受けるが、まったく改善せず。
2ヶ月後、痛みが強くなってきたので、総合病院を受診。
MRI検査の結果、椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛と診断される。
しかし、治療は、鎮痛剤(ロキソニン)の処方のみ。
鎮痛剤もあまり効果がないし、何よりも連続服薬は身体によくないため、根本治癒をはかりたいと望み、来院。

来院時の症状としては、下記の通り。

  • 仰臥位で痛い
  • 歩くと痛い(座りたくなる)
  • フクラハギが張る
  • 体幹後屈(上半身を後ろに反らす)で痛い

見立てと施術

長年の肉体労働による疲労蓄積と、筋肉の過緊張が主な原因と推測。
初回は、痛みやシビレの原因を詳しく説明するとともに、可能な体勢(立位、座位、伏臥位)で緊張を取ることに専念。
施術後は、特に変化なし。

指導と経過

1回目施術終了後、日を追うごとに痛みが軽減するのを自覚。
2回目施術時は、標準調整を施す。
その結果、日を経過するごとに、さらに痛みが軽減。
軽いシビレが残る程度にまで回復。
何ヶ月も我慢していたのが嘘のようだとのご感想。
3回目以降、さらに標準調整にて全身のバランスが整うよう、継続通院中。

ひとこと

整形外科などの病院では、痛みや症状の原因を器質的異常にのみ求めます。
そのため、しばしば原因を見誤ります。
私の知る限りですが、その結果、的外れな処置しかせず、痛みや症状を長引かせたり、悪化させることさえあります。

今回の場合、MRI(核磁気共鳴画像法)検査にて、椎間板の突出が確認されたため、医師は痛みやシビレの原因をそれに特定しました。
処置が鎮痛剤のみで済んだからよかったものの、医師によっては手術による突出部の切除を勧めることもあります。
その場合、痛みやシビレがとれないばかりか、手術による深刻なダメージを受けたり、中期入院による体力劣化を招きかねません。
病院や医師を盲信するのが危険である理由がここにあります。

今回、たった1回の施術でかなりの改善が見られたということは、痛みやシビレの原因はヘルニアではなかったということです。
私の推測通り、原因は筋肉の過緊張にあったのです。

また、シビレも神経由来とは限りません。
組織の劣化や血流不良が原因となっている場合もあります。
症状や状態をよく確認し、原因を追究することが、とても重要です。
しかし、病院ではそんなことはしません。
病院での処置は、症状を抑える、やわらげることのみです。

たいへん残念ですが、それが現代医療の実態です。
自分の身は自分で守るために、正しいことを知ることが大切です。

ご予約・ご相談  072-813-8223

24時間、365日ご予約可能

翌日以降のご予約であれば、専用フォームにて受け付けをしております。
営業時間や定休日にかかわらず、24時間、365日、申し込み可能ですので、初めて当院をご利用いただくお客さまは、どうぞご利用ください。