椎骨脳底動脈循環不全

脳に行く血管には大きく分けて、内頸動脈系と椎骨動脈系の二つがあります。
このうち、椎骨動脈系の血流量が一時的に減少しておこる病態(一過性虚血発作)を椎骨脳底動脈循環不全といいます。
50歳以上の中高年で、高血圧症、高脂血症がある人は注意が必要です。
脳のCTやMRIで異常がなくても、発作を繰り返していると将来脳梗塞に進むことがありますので、安心してはいけません。

症状

首を回したり、顔を上下に向けたり、体位を変えた時にめまいが出現します(静かにしていてめまい発作が出現することもあります)。
回転性めまいが最も多いですが、浮動性めまいや眼前暗黒感もみられます。
同時に、視覚障害(霧がかかったように見えたり、ものが揺れて見える、二重に見えるなど)や意識障害(気が遠くなる感じや一瞬意識がなくなる)が出現することもあります。
吐き気や嘔吐、上肢のしびれ、手足の先の異常感なども出てきます。
耳鳴りや難聴が一緒に出現することは、ほとんどありません。

原因

主な原因として、次が考えられます。

  • 動脈硬化
  • 椎骨動脈の走行異常や狭窄
  • 頸椎の変形症に伴う椎骨動脈の圧迫

ご予約・ご相談  072-813-8223

24時間、365日ご予約可能

翌日以降のご予約であれば、専用フォームにて受け付けをしております。
営業時間や定休日にかかわらず、24時間、365日、申し込み可能ですので、初めて当院をご利用いただくお客さまは、どうぞご利用ください。