起立性調節障害(10代、男子2、中学生)

【免責事項】本ホームページに掲載した事例やお客さまの体験談は、個々の成果や個人の感想を表現したものであり、万人への効果を保証するものではないことをご理解ください。施術による効果には、個人差があります。

ご予約・ご相談  072-813-8223

どのような症状か

現在、中学二年生になったばかり。
約1ヶ月前から、寝つきが悪く、起床時に頭痛がするようになった。
あまりに続くので、小児科に相談したところ、アンケートのようなものを受けさされ、起立性調節障害と診断された。
今朝は頭痛がひどく、起き上がれないほどになった。
心配になり、知人から紹介を受けて、来院。

見立てと施術

本を読むのが、大好きとのこと。
本人に、本を読む際の体勢や姿勢を実演してもらったところ、首や肩に大きな負荷のかかる状態になっていることを発見。
これが、原因のひとつであると指摘。
その上で、標準調整により全身の緊張を除去し、経過観察をする。

指導と経過

遠方ゆえ、頻繁に連れて来ることはできないとのこと。
自宅において、次の事項を守っていただけるよう指導を行った。

  • “病気”という認識を捨てること
    お子様の症状は、自律神経バランスの乱れにより生じたものです。
    決して病気ではありません。
    なぜ自律神経バランスが乱れたのかその原因を探り、止めることが必要です。
  • 姿勢に注意
    自律神経バランスの乱れの大きな原因のひとつが、筋肉の過緊張です。
    特に、首、肩、背中等の緊張が強いように感じます。
    筋肉の過緊張を招く大きな原因のひとつが、姿勢の悪さです。
    本日お伝えしたように、6キロ近い重量のある頭をいかに支えるかが、鍵です。
    坐骨で立つように座ることを心がけてください。
  • 筋肉の疲労回復のために
    背中、肩などを軽く擦ってあげるとよいと思います。
    あくまでも軽いタッチで、洋服の埃を払う程度の接触圧が望ましいです。
    擦るのが難しいなら、軽く手をあてておくだけでもよいです。
    その際も、圧に注意してください。
    皮膚に軽く触れる程度の圧が望ましいです。

約二週間後に、電話連絡あり。
その後、元気に過ごしており、学校へも普通に行けているとのこと。
そのまま、経過観察するよう伝える。

ひとこと

起立性調節障害」と呼ばれるもののほとんどは、病気ではありません。
自律神経のバランスの乱れにより、発症しているに過ぎません。
ほとんどの場合、必ず筋肉の慢性疲労や過緊張があります。
それを除去することにより、自律神経のバランスが整い、症状が治まることがほとんどです。
検査のために病院へ行くのは結構ですが、医師の診断を盲信しないことが賢明です。
今回わかったことですが、アンケートを受けさせて、その回答内容だけを根拠に、安易に病名をつける医師も少なくありません。
親御さんが、十分に注意をすることが必要です。
お子様の場合、回復力も旺盛です。
それゆえ、原因を究明し、それを断てば、すぐに症状は治まります。

ご予約・ご相談  072-813-8223

24時間、365日ご予約可能

翌日以降のご予約であれば、専用フォームにて受け付けをしております。
営業時間や定休日にかかわらず、24時間、365日、申し込み可能ですので、初めて当院をご利用いただくお客さまは、どうぞご利用ください。