過呼吸でお悩みのあなたへ

line.png

過呼吸の発作で悩む人は、意外に多いようです。

中には「死ぬのではないか」と思うくらい強い発作に見舞われ、救急搬送されることもあるようです。そのため、常に恐怖を抱え、悩んでいる人が少なくないようです。このページでは、当院では過呼吸をどう捉え、根治に向けてどのようにアプローチをするのか、ご説明をいたします。

ご予約・ご相談  072-813-8223

過呼吸とは?

過呼吸とは、強いストレスなどが原因となり、呼吸が早く浅くなり、呼吸をし過ぎてしまう状態のことであり、「過換気症候群」「神経性呼吸困難」とも呼ばれます。
過度な運動で生じる「過呼吸症候群」とは、別のものと考えます。

過呼吸の発作時は、酸欠状態のように息苦しくなって空気を吸いこみ過ぎることが原因となり、血液中の二酸化炭素が極端に少なくなって、アルカリ状態に陥ってしまいます。

頭痛やめまい、手の指先や口のまわりのしびれ、呼吸困難、失神などの症状だけでなく、呼吸をしているのに空気が吸い込めないと感じて「このまま死ぬのでは…」といった恐怖感にかられます。

傾向として、男性よりも女性に多く、しかも若い世代に多く見られます。

過呼吸の症状

空気の吸いすぎの状態が続いているにもかかわらず、「空気が入ってこない」「呼吸ができない」といった呼吸困難の発作を感じます。
でも実際には、血液中の二酸化炭素が不足している状態に陥っています。

身体には二酸化炭素が必要なので、「息を止めて二酸化炭素が出て行かないように」と脳が指令を出すのですが、「息苦しい」という思いから必死に息を吸おうとしてしまう。
これが過呼吸の状態です。

過呼吸は、息苦しく感じて必死に息を吸おうとする症状だけではありません。

頭痛、めまい、指先のしびれ、口のまわりのしびれ、息苦しさ、「息ができない」という不安から胸の圧迫感、胸の痛み、動悸、死への恐怖、全身の筋肉の硬直、失神、などの症状がともなうことがあります。
このような症状自体が、さらに不安や恐怖を招き、「さらに必死で息を吸おうとする」という悪循環に陥る傾向が強く、30分から1時間くらい発作が続く場合が最も多いようです。

ご予約・ご相談  072-813-8223

過呼吸の原因

当院では、過呼吸は多くの場合、次のような不調和がいくつか複合して生じていると考えております。
残念ながら一般的な医療機関では、ここまでの原因究明はしません。
あるいは、「過度なストレス」や「自律神経の乱れ」とのみ診断し、それ以上の処置がされない場合が大半です。
医療機関の検査で異常がない場合、あるいは医療機関で治療を続けてもまったく改善されない場合は、ぜひご相談ください。

1.骨格バランスの崩れ、乱れ

悪い姿勢や、バランスを大きく崩す動作の連続などにより、身体はその状態を通常状態と勘違いをし、維持しようとします。
そこから、骨格バランスの崩れ、乱れ、歪みが生じ、骨格の変位が起こります。
過呼吸という症状に関して言えば、次が影響していると考えられます。

  • 肋骨の変位 ⇒ 胸郭の圧迫、狭窄
  • 脊柱・骨盤の変位 ⇒ 横隔膜の圧迫、過緊張

また、骨格バランスの崩れ、乱れ、歪みは、次に述べる筋肉の過疲労と過緊張を招きます。

2.筋肉の慢性疲労、過緊張

全身の筋肉が慢性疲労を起こし、過緊張状態に傾くと、身体の中央部にある横隔膜が影響を受け、緊張する傾向にあるようです。

横隔膜は、呼吸をするために欠かせない重要な筋肉です。
これが過緊張を起こすことにより、呼吸抑制が起こりやすくなり、それが過呼吸の大きな原因に発展すると考えられます。

また、筋肉が慢性疲労を起こし、過緊張状態に陥ると、筋肉の可動性が損なわれ、体液(静脈血、リンパ液)の循環が滞ります
首や肩においてその状態が生じると、「首や肩が張る、こる」と感じます。

当院の実例でも、過呼吸を起こす人の大半が、首や肩のこりを感じていますが、それは肩こり過呼吸を起こすということではありません。
肩こりは、全身の筋肉の慢性疲労と過緊張の「サイン」と考えた方が妥当でしょう。

ところで、こった部位に押圧を加えると、圧痛を感じます。
マッサージ等でその部位の筋肉をもみほぐすと、一時的に滞りが解消されます。
だから、スッキリします。

しかし、それは根本解決にはなりません。
しばらくすると、また滞ります。
なぜ滞るのか、その原因を考え、解消していないからです。
また、むやみに強い押圧を加えると、筋肉組織が破壊されます。
身体が強い刺激に反応し、さらに緊張を強めることも少なくありません。

3.体液循環の滞り

過呼吸と体液(血液、リンパ液、脳脊髄液)循環の滞りも、関係があると考えられます。

呼吸には、「外呼吸」と「内呼吸」があります。

外呼吸は呼吸器系(肺)によって行われます。
気道に吸入された空気は肺胞で酸素を血液中に与え、二酸化炭素を血液中から除去します。
この部分で行われるガス交換を、外呼吸または肺呼吸といいます。

血液中に溶け込んだ酸素は、血管からリンパ液(細胞間質液、間質リンパ)に移って、細胞へ移動します。
それとは逆に、細胞からリンパ液中に出た二酸化炭素は、血管内の血液にとけ込みます。
この組織内部で行われるガス交換を内呼吸といいます。

一般的に呼吸といえば、外呼吸だけが目につきます。
しかし、外呼吸と内呼吸、両方が機能して、初めて生命活動としての呼吸が成立します
それがわかれば、循環不全が過呼吸につながることも容易に想像できると思います。

ここで注意しなければならないのは、体液循環は全身に及ぶということです。
つまり、特定箇所の滞りだけを解消しても、全身のどこかに慢性的な滞りがあると、根本解決にならず、すぐに再発します。
特に、下肢(腰から下)には全身の約70%の筋肉が存在します。
首や肩のこりであっても、下肢の筋肉の緊張を解消することが重要です。
また、睡眠時の循環は疲労回復に不可欠ですが、その動力源となる、呼吸に関与する深層筋の過緊張の解消も忘れてはなりません。

4.神経の圧迫、走行阻害

筋肉の過緊張や骨格の歪みは、神経の圧迫や過緊張を招き、走行阻害の原因となります。
筋肉と脳は、知覚神経と運動神経を通じて、情報のやり取りをしており、それによって姿勢が保たれ、動作が実現します。
だから、神経の圧迫や走行阻害が、過呼吸の原因となることも十分に考えられます。

5.自律神経バランスの乱れ、発動不全

筋肉の過緊張は、自律神経の乱れの大きな原因です。
通常の状態であれば、筋肉が疲労すると、自律神経は副交感神経を亢進させ、疲労を回復したり、組織の修復を進めます。
ところが、疲労が重なり、過度な緊張状態が連続すると、自律神経は逆の働きをします。
つまり「この人間はいま戦闘状態にある」と判断し、交感神経を亢進します。
これが、自律神経の乱れの大きな要因となります。

自律神経バランスの乱れは、身体の不調に直結します。
特に呼吸の調整がうまくいかないことは、過呼吸の大きな原因となります。


上記にあげた五つは、お互いに相関関係にあります。
波及し合い、悪循環に陥ることも多々あります。
そのような場合、突発性難聴、耳鳴り、うつやパニック障害などの精神症状が現れる場合もあります。
心臓疾患や脳疾患の原因にもつながります。
過呼吸を放置しては絶対にならない理由が、ここにあります。

ご予約・ご相談  072-813-8223

過呼吸に関する当院の取り組み

当院では、次のふたつによって、過呼吸を根治へと導きます。

  1. 施術
  2. 指導

また、当院の症例やお客さまの声も掲載しておきます。
参考にしてください。

1.施術

当院の施術の目的は「全身の筋肉をゆるめる」ことです。
直接、筋肉を揉みほぐすことはしません。

「筋肉をゆるめる」とは、筋肉を弛緩させることではありません。
周囲の状況や環境変化によって、筋肉が自在に弛緩も緊張もできる状態にすること、それを当院では「ゆるめる」と表現しています。

筋肉をゆるめることにより、前項にあげた次の5つの不調和が解消されます。

  1. 骨格バランスの崩れ、乱れ
  2. 筋肉の過疲労、過緊張
  3. 体液循環の滞り(血液、リンパ液、脳脊髄液)
  4. 神経の圧迫、走行阻害
  5. 自律神経の乱れ、発動不全

その結果、自然治癒力が高まり、原因不明の過呼吸は、自然に解消されていきます。

具体的にどのような施術をするのかは、以下をご覧ください。

2.指導

筋肉の過疲労、過緊張が、結果的に過呼吸を起こしています。
そして、筋肉の過疲労と過緊張を招く原因は、あなたの生活習慣の中にあります。
原因は、ひとつではありません。
身体的なものもあれば、精神的なものもあります。
複数の原因が関連し合い、過呼吸は生じます。
以下、原因となる生活習慣や傾向の一例を列挙します。

  • 基本的に猫背である(姿勢が悪いと言われる)
  • パソコンに向かっている時間が長い
  • 携帯電話やスマートフォンをよく見る
  • 仕事や趣味などで、手をよく使う
  • 職場で強い緊張を強いられる
  • 睡眠時間が短い
  • 入浴は、シャワーのみで済ませている
  • ほとんど運動をしない
  • 暴飲暴食気味、あるいは食生活が乱れている
  • 愚痴や不満が多い
  • 精神的なストレスを抱えやすい
  • 身体に不要な力が入る
  • 就寝環境がよくない(狭い、枕が合わない、布団が柔らか過ぎる)
  • 常用している薬がある

これらを対話の中で聴き出します。
そして、できることから止めてみる提案をいたします。

当院における症例

準備中。

お客さまの声

準備中。

ご予約・ご相談  072-813-8223

24時間、365日ご予約可能

翌日以降のご予約であれば、専用フォームにて受け付けをしております。
営業時間や定休日にかかわらず、24時間、365日、申し込み可能ですので、初めて当院をご利用いただくお客さまは、どうぞご利用ください。