ガングリオン

西田です。

ガングリオンって、知っていますか?
足や手の指・甲などに、気づかないうちにできる、軟骨のようなコブです。
多くの場合は良性です。

原因は、はっきりしないそうです。
しかし、身体はいかなる時も、無用のことはしません。
私は、防御反応のひとつと考えています。

さて、1月末に、ガングリオンが主訴のお客さまがお見えになりました。
日常生活で著しく支障が出るわけではないが、気になる。
医師から手術を勧められますが、それはしたくないとのことでした。

実は、ガングリオンが主訴のお客さまは初めてでした。
腰痛や肩こりなど、他の主訴で来られたお客さまが、いつの間にかガングリオンが消えていた、という経験があるのみでした。
なので、身体の過剰防衛反応という見解からも、施術を重ねて行けば、いずれ消滅すると考えておりました。

このお客さま、先日、8回目の施術に来られた時、ガングリオンがずいぶん小さくなったと、喜びの報告をくださいました。
拝見したところ、見た目ではわからない(触るとやや突起がある)ほどになっていました。

来週、9回目の施術ですが、さて、どうなっているか。

コメント


認証コード0554

コメントは管理者の承認後に表示されます。