地球が静止する日

社会について

…という映画を観た。2008年の作品だが、1951年に作られた作品のリメイクだという。大まかなストーリーとしては、高度に進化した宇宙人が、人類に警告を与え続けるが、人類がそれを無視し続けるために、最終審判を下す…というもの。
 
キアヌ・リーブス扮する主人公(最後通告のために地球にやってきた、人間の肉体をまとった宇宙人)の次のセリフが、この映画が伝えるメッセージを象徴している。
 
「地球の死は、人類の死だ。しかし、人類が滅亡すれば、地球は生き残れる」
 
そう。自然のケアテイカー(世話人)として、神から、他の地球上生物とは大きく異なる能力を与えられた人類は、その能力を暴走させ、徐々に強欲かつ傲慢になり、地球や自然を蹂躙し、破壊し、汚し、搾取し続けてきた。
 
数百年前から、それに警鐘を鳴らす人たちが世界中に現れたものの(彼らは人間の肉体をまとった宇宙人かも知れない)、人類は耳を貸すことなく暴走し続けた。
 
そして、今、改めて、これからどうするのかを喉元に突きつけられている。今般の新型コロナウィルス騒動は、そんな出来事ではないかと感じてならない。
 
地球や自然に対する傲慢と冒涜を反省するために。
人間だけでなくすべての命を尊重する世界を取り戻すために。
誰もが安心して自分らしくあれる社会を実現するために。
 
一人ひとりがいかに生きるかを問い直し、何を選択し、いかに実践行動に移すか。もしかしたら今回が最後のチャンスかも知れない。いずれにせよこのままでは、そう遠くない将来に、地球が静止する日は、確実にやってくるであろう。
 
〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜
 
定休日の本日、自宅近所の公園を歩いてみた。保育士に預けられたであろう幼い子どもたちがたくさん、無邪気に遊んでいた。彼らが大人になった時にも、幸せな気持ちで、この桜を見ることができますように。

整体読本「掌ひとつの革命」
無料でダウンロード
“心を使って人間という生命体を整える”、癒しの人間学「心整体法」の入門書。整体に興味がある方はもちろんのこと、生き方や働き方に迷いや悩みがある方に、ぜひお読みいただきたい整体読本です。もちろん、何をやっても治らない、頭痛、めまい、動悸、過呼吸、不眠、慢性疲労、自律神経失調症、起立性調節障害、不安障害、パニック発作、うつなど、原因不明の不快症状や心の病で苦しんでおり、わらにもすがりたい気持ちで、改善の道を探しておられる方にも、きっとお役に立てる内容だと思います。
社会について
シェアする
西田 聡をフォローする
掌ひとつの革命
タイトルとURLをコピーしました