くらし

大好きな作家、五木 寛之さんの近著「白秋期」。一気に読んだ。人生には、季節がある。言葉で表せば、青春、朱夏、白秋、玄冬となる。人類は今、…

くらし

命と向き合うできごと

誰も、死には抗えない。誰も、いつ“その日”がくるかわからない。それは、頭では理解している。しかし、その事実が、現実として眼前に迫った時…驚き、悲…

くらし

父はどこへ帰りたいのか

「こんなとこ、嫌や」「帰りたい」「連れて帰ってくれ」施設にいる90歳の父が、たまに、そう言う。時に、激しい口調で。どこへ帰るつもりな…

しごと

筋肉疲労が病気をつくる

普段、筋肉(骨格筋)を意識する人は、少数派だろう。意識しているのは、スポーツに打ち込んでいる人、筋トレを趣味にしている人、体型を変えようと努力している人くら…

くらし

2019年のお正月

楽しいお正月をお過ごしのこととお喜び申し上げます。本年も、何とぞよろしくお願い申し上げます。私は、生まれて初めて、母がいない正月を迎えました。元…

くらし

父の誕生日に思うこと

先日、父が90歳の誕生日を迎えた。誕生祝いに家族が集まり、父の大好物である寿司を食べに行った。久しぶりに二人そろった孫の顔を見て、嬉しそうだった。…

くらし

年齢を重ねること

年齢を重ねれば重ねるほど弱り、惚け、惨めになっていく。現代の日本には、そんな人が多くないか。年齢を重ねれば、確かに疲弊し、衰える。しかし、一方で…

くらし

老いること

老いると、弱る。老いると、ボケる。さらに、老いると、醜くなる。老いると、惨めになる。日本人の大半は、そう固く信じている。…