どんな症状にも、必ず原因があります

自律神経失調症でお悩みの方へ

自律神経失調症は、原因不明の疾患ではありません

頭痛、めまい、耳鳴り、動悸、過呼吸、不眠、全身疲労、倦怠感、パニック発作、うつなど、原因不明のさまざまな不快症状で、生活や仕事に支障が出るほど苦しむ人が、増えています。
家事や子育てができない、仕事に行けないなど、生活の質を大きく落とす人が大半です。
内科、耳鼻科、整形外科、脳神経外科、神経内科など、さまざまな診療科で検査をしますが、ほとんどの場合、異常が発見されません。
その結果、「原因不明」「精神的なもの」とされ、心療内科や精神科を受診し、複数の向精神薬を処方され、さらに症状を悪化させている人も少なくありません。

ここで、みなさんにぜひ知っておいていただきたいことがあります。
それは「原因と結果の法則」です。

この法則は、私たちが住む世界に厳然として働いています。
何者も、この法則から逃れることはできません。

一般的に病気と呼ばれるもの、痛みや不快な症状。
これらはすべて「結果」です。
従って、これらを生じさせた「原因」があります。
現在、みなさんがお悩みの自律神経失調による諸症状にも、必ず原因があります。

なぜ原因不明とされるのか

中には、自分は重病人だと思い込んでいる人もいます。
それほどひどい状態なのに、なぜ医師は「原因不明」とするのでしょうか。
そこには、明確な理由があります。

現代医療の役割と限界

日本の病院のほぼすべてが採用しているのは西洋医学、いわゆる「現代医療」です。
医師たちが勉強や研究をしているのも、現代医療です。

現代医療は、すべて対症療法です。
症状を抑えること、取り除くことに特化した医療です。
投薬は、その代表的治療法です。
即効性があり、一時的に症状や痛みが緩和したり、消滅します。

ただ、あくまでも結果を抑えているに過ぎません。
それはそれで必要な処置ですが、原因から目を背ければ問題は先送りになるばかりです。

大切なのは、原因を知ることです。

医師は身体の一部しか診ない

「命は“小宇宙”である」

よくそのように表現されます。
これは大げさでも何でもなく、真実です。

人類の叡智は素晴らしいものです。
しかし、どんなに頑張ったところで、宇宙のほんの数パーセントしか解明できてないのです。
人類の科学力では、ゼロから細胞ひとつ作ることすらできないのです。

おわかりですか?
現代医療で解決できる身体の不調や問題は、ごく限られているということです。
病院や医師を過信する危険性を、ぜひご理解ください。

自律神経の不調が招くもの

自律神経は、24時間365日休むことなく、身体のあらゆる働きを制御するたいへん重要な神経システムです。
自律神経が不調(バランスの乱れ、発動不全)は、主として次のような状態を招きます。

  • 血圧調整不全
  • 心拍調整不全
  • 内分泌機能低下
  • 免疫機能低下
  • 内臓機能低下
  • 発汗調整不全
  • 唾液分泌不全
  • 呼吸調整不全
  • 睡眠障害
  • 精神不安定
  • 神経過敏

これらが複合し、不快症状を発した状態。
一般的には、その状態を「自律神経失調症」と呼びます。

自律神経の不調には原因がある

自律神経が不調に陥るのは、明確な原因があります。
この原因は、現在ほとんど知られていません。

信じられないことですが、医師の中で知っている人は、ほとんどいません。
もしくは、知っていても、患者さんに教えることは絶対にしません。
なぜなら、患者さんに治ってもらっては、病院やクリニックの経営が持続できなくなるからです。

直接の原因は“筋肉の慢性疲労と過緊張”

自律神経が不調に陥る最大の直接原因は、筋肉の慢性疲労と過緊張です。
さらに、筋肉の慢性疲労と過緊張を招く間接原因が存在しますが、それは大きく次の4つに分類できます。

  • 1、肉体的原因
  • 2、精神的原因
  • 3、環境的原因
  • 4、遺伝的原因

直接原因を解除し、間接原因を探り、できるものから絶つこと。
それが自律神経の不調を根治させる唯一の道だと、私たちは考えております。

筋肉の慢性疲労と過緊張が招くもの

筋肉の慢性疲労と過緊張は、自律神経の不調以外に、次の状態を招きます。
これらが複合して、様々な疾患や症状に発展しているのです。

  • 体液(血液、リンパ液、脳脊髄液)循環停滞
  • 呼吸抑制
  • 骨格バランスの歪み定着化
  • 神経交通阻害

おわかりでしょうか。
みなさんがお悩みの不快症状の原因は、自律神経の不調だけに限らないのです。
さまざまな原因や状態が相互に、かつ複雑に関与しあい、心身が本来の調和を失った結果です。
そして、その大元は、骨格筋の慢性疲労と過緊張なのです。

このような観点でアプローチをしない限り、症状が治癒することはありません。
だから、大勢の方が、何年にも渡り原因不明の不調で悩み、症状を複雑化、悪化させているのです。

自律神経不調の解決策は?

上述の通り、自律神経が不調に陥るのは、明確な原因があります。
なので、解決策が存在します。
以下に、それをご説明いたします。

骨格筋の過緊張解除

直接の原因である、骨格筋の慢性疲労につながる骨格筋の過緊張を解除すること。
これは、必要不可欠です。
具体的には、全身の骨格筋を「ゆるめる」ことです。

ゆるめるとは、物理的にほぐすことではありません。
単に柔らかくすることでもありません。

ゆるめるとは、

解放し、自由自在にする

ということです。

自律神経整体の施術は、全身の骨格筋をゆるめます。
その結果、自律神経は本来の働きを取り戻してゆきます。

間接原因を探り、断つ

筋肉の慢性疲労と過緊張を招く、次の4つの間接原因。
カウンセリングによってそれを探り、断つための方法を一緒に考えます。

  • 1、肉体的原因
  • 2、精神的原因
  • 3、環境的原因
  • 4、遺伝的原因

ご相談、ご予約はお気軽に

072-813-8223

 

電話受付時間は、9〜18時です
ホームページを見た、とお電話ください

 

営業日カレンダー

メールでのご予約はこちら

  1. 2018.06.09

    自律神経失調症の誤解

  2. 2018.04.18

    体調不良の五大原因

  3. 2018.03.09

    超高齢化社会にどう対応するのか、整体的考察その一「老いは…

  4. 2018.02.20

    起立性調節障害は「知らない」から「治らない」

  5. 2018.02.15

    整体院で、早くよくなる人と、なかなかよくならない人の大き…

  1. 2017.11.02

    朝起きれない、頭が重い(枚方市津田、10代女子/中学生)…

  2. 2017.10.13

    起立性調節障害(尼崎市、10代男子/中学生)

  3. 2017.10.12

    起立性調節障害(寝屋川市、10代女子/中学生)

  4. 2017.09.19

    起立性調節障害(香里ヶ丘、10代男子/中学生)

  5. 2017.09.16

    起立性調節障害(楠葉丘、10代男子/中学生)