うつ・不眠・パニック障害などの多くは、肉体疲労が原因です

うつ・不眠・パニック障害でお悩みの方へ

こんな症状で悩んでいませんか?

  • 憂うつな気分がずっと続いている
  • 人と会いたくない
  • やる気が起きない
  • 集中力がなく、頭が働かない
  • 食欲がない。美味しいと感じない
  • 朝が苦痛で、会社や学校に行きたくない
  • 何をやっても楽しめない
  • 会社に行けない
  • 家事が思うようにできない
  • 突然不安になり、胸が苦しくて息ができなくなる
  • 乗り物の中や映画館など、逃げ場がない状況や場所にいると強い不安を感じる。
  • おかしいと分かっていても、同じ考えにとらわれる
  • 漠然とした不安が続き、心細い
  • 手洗い、戸締まりの確認など何度も同じ行動を繰り返さないと気がすまない
  • 人前でとても緊張する、人の視線や会話が気になる
  • 理由もなく手が震える、顔が赤くなる
  • 気分の波がはげしい
  • イライラすること、怒りっぽくなることが増えた
  • 特に理由もないのに、涙がでてしまう
  • 音や匂いに過剰に敏感になっている
  • なかなか眠れない
  • 夜中・明け方に目が覚める
  • 途中で何度も目が覚める
  • 熟睡感がなく、翌日だるくて眠い
  • 起床時間になっても起きられない
  • 大事な場面なのに、昼間でも耐えられず眠ってしまう

もしくは、精神科や心療内科などで次の診断名をつけられていませんか?

  • うつ病
  • 統合失調症
  • 双極性障害
  • 気分変調障害
  • 適応障害
  • 社会不安障害
  • パニック障害
  • 強迫性障害
  • 注意欠陥・多動性障害
  • 睡眠障害(不眠症)

「心の病」の大半は、肉体疲労が原因です

上にあげた症状は、一般的には「心の病」もしくは「精神疾患」とされます。
現代は、何かとストレスの多い社会。
心の病で悩み、苦しむ人は300万人を超えると言われています。
さらに、医療機関にかかっていない人を含めると、その数は2〜3倍になると予想されます。

心の病は、結果です。
結果には、必ず原因があります。

心の病の原因は、医療機関などでは、よく「ストレス」と言われます。
しかし、ストレスは直接の原因ではありません。

実は多くの場合、ストレスによる肉体の慢性疲労が、心の病の直接の原因です。

  • 若い頃は、そんなことはなかった
  • 一年前までは、元気だった
  • いつのまにか、別人のようになってしまった

あなたが、上の3つのどれかにあてはまるなら、肉体の慢性疲労を解消すること、つまり整体によって骨格筋の過緊張を解除することによって、心の病を根治できる可能性が大です。

以下、執筆中です。
しばらくお待ちください。

ご相談、ご予約はお気軽に

072-813-8223

 

電話受付時間は、9〜18時です
ホームページを見た、とお電話ください

メールでのご予約はこちら

  1. 2017.11.02

    朝起きれない、頭が重い(枚方市津田、10代女子/中学生)…

  2. 2017.10.20

    逆流性食道炎(高槻市、40代女性/主婦・会社員)

  3. 2017.10.19

    自律神経失調症、パニック障害(京都市、20代女性/会社員…

  4. 2017.10.19

    自律神経失調症(磯島茶屋町、50代男性/会社員)

  5. 2017.10.19

    息苦しい、すぐに疲れる(楠葉並木、20代女性/学生)

  1. 2017.11.02

    朝起きれない、頭が重い(枚方市津田、10代女子/中学生)…

  2. 2017.10.13

    起立性調節障害(尼崎市、10代男子/中学生)

  3. 2017.10.12

    起立性調節障害(寝屋川市、10代女子/中学生)

  4. 2017.09.19

    起立性調節障害(香里ヶ丘、10代男子/中学生)

  5. 2017.09.16

    起立性調節障害(楠葉丘、10代男子/中学生)