整体読本「掌ひとつの革命」

癒しの人間学「心整体法」の入門書
無料で差し上げます。

無料ダウンロード >
ご縁のあった人たち

無為=何もしない生き方

先日、母のことを書いたので、父のことも書いておこうと思う。 ㅤ 私の父は2年前、91歳で他界した。転倒により大腿骨頸部を骨折して、緊急入院。手術をする必要があり、脳血流改善の服薬を中止したことがきっかけとなったのか意識不明となり、徐々に...
仕事について

ただ“在る”こと

仕事柄といいましょうか、それとも性癖でしょうか。健康、癒し、幸せとは何かについて、よく考えます。これまでにいろんな考察や定義をして参りましたが、最近は健康も、癒しも、幸せも、「ただ“在る”こと」と言えるのではないかと考えています。 ㅤ ...
好きなもの・好きなこと

キャンプ道具考:ペグ「ソリッドステーク」

私が好んでキャンプに出かける山間部の天候は気まぐれだ。晴れてたと思ったら、みるみる暗雲が空を覆い、大雨が降り出すこともある。真夜中に突風が吹き荒れることもある。自然はコントロールできないものだし、知恵と工夫で自然と折り合いをつけるのは、キャ...
仕事について

生き方が変わる“整体起業”の学び

昨日開講した『整体起業/基礎講座(2)』2日目は、2名の研修生以外に2名の修了生が参加してくれました。なぜか女性ばかりで、とても嬉しく、楽しい一日でした。そのおかげか、昨夜から朝にかけて調子が悪かったのですが、夕方には元気を取り戻すことがで...
学びの分かち合い

群れない、慣れない、頼らない

「群れない、慣れない、頼らない」———— 画家である堀 文子先生の生き方のモットーだそうです。『ひとりで生きる』という本からの抜粋です。「人に屈服しないためには、闘わなくてはなりませんが、私は闘うのが嫌いです。そうなると脱走するしかない。こ...
社会について

調教しない、されない生き方を

添付の写真は、某有料ライブラリーからダウンロードしたものです。有料写真として提供されているくらいですから、おそらく現在の学校の現場においては、ごく一般的な光景と認識されているのでしょう。中には、仕事としてこのような光景の中に身を置き「おかし...
仕事について

武道から武術へ、そして整体へ

私は幼い頃から闘うこと、争うこと、競うことが嫌いだった。身体を動かすのは好きなのだが、スポーツは苦手だった。そんな自分を「情けない」と恥じたし、コンプレックスを持っていた。学校へ行き出してからは、よく「男のくせに……」と揶揄され、いじめられ...
社会について

たかがマスク、されどマスク(10)〜 近くの公園で感じたこと 〜

マスクをしようが、しまいが、どっちでもいい。いろんな都合や事情があるだろうし、自分で決めればいいだけのこと。しかし、100%近い人間がマスクを着用して顔面の半分以上を隠し、白昼往来を闊歩している光景は、私の目には異常としか映りません。時間が...
学びの分かち合い

『アホは神の望み』〜 Stay Honest,Stay Stupid 〜

整体修行時代、師匠が頻繁に口にしていたことがあります。それは「アホになれ!」ということです。と言っても、決して頭を悪くしろということではありません。考え過ぎるな!常識にとらわれるな!人から何を言われようと、自分が正しいと思うことを貫け!自分...
社会について

映画『アイランド』〜 自由であることに命をかける 〜

連続投稿、ご容赦ください。昨日観た映画の内容が、先の投稿で伝えたいこととかぶるので、ご紹介します。観たのは、この「アイランド」という映画です。あらすじをご紹介すると、   「大気汚染から守られた清潔な都市で暮らす人々のあこがれは、日々行...
タイトルとURLをコピーしました