お勧めの本

学びの分かち合い

私が求める整体師の“在り方”〜大樹は決して誇らない

こうありたい。そんな、とても大切なことが書かれた文章に出会いました。「1/4の奇跡」という本の中にある一節で、筆者は柳澤 桂子さんとおっしゃる生命科学者であり、歌人です。抜粋しようと考えたのですが、全文を読まないと大切なことが伝わらないと考...
学びの分かち合い

【整体的生き方考察】「ゆずる」という生き方

私が実践提唱している整体の極意は、「ゆるす」「ゆるむ」「ゆだねる」に集約されます。それを体得すべく、施術(練習)を重ねていくことが整体修行の根幹となるのですが、プロにならない限り、一日中、施術をしているわけには参りません。そこで日常をどう過...
社会について

【コロナは概念】

新型コロナウィルスについて、私がいちばんしっくりくる秀逸な表現。それが「コロナは概念」です。よく言われる「コロナは茶番」「コロナは陰謀」「コロナはただの風邪」などは、いずれもその通りだと思うのですが、心からコロナを信じてる人の心を逆撫でする...
学びの分かち合い

在り方

先日、立ち寄った書店で見つけて気になり、購入したこの本。著者は、有名な起業家らしい(私はお名前すら存じ上げなかったが)。調べると、とてもたくさん本を書いておられる。なんと販売累計150万部以上とのこと。ともかくその方の最新著作であり、現時点...
社会について

得手に帆あげて

昨日、マドモアゼル愛先生の動画をシェアしましたが、その中で先生は「風の時代」の到来を盛んに訴えておられました。愛先生だけでなく、いろんな人が「風の時代」の到来を告げており、その解釈や訴求ポイントは異なれど、いろんなことが大きく変わっていくの...
仕事について

オンラインの試み 〜 経営破壊から続くもの 〜

確か今から約25年前、1995年頃だったと思う。アメリカの超人気経営コンサルタント、トム・ピーターズ氏による著書「経営破壊(原題 Clazy Times Call for Crazy Organizations)」は、まだ会社員であった私に...
仕事について

現代社会の行く末

約10年前、整体の師匠(故人)から読むように勧められたこの本。当時は、非常に戸惑った。整体とどう関係があるのか、まったく理解ができなかったし、そもそも本に書かれた内容自体が理解しがたいことばかりだったからだ。   最近になって気になり、...
ご縁のあった人たち

最初に読む料理本

少し前に、岡本よりたかさんが、この本をFacebookで紹介していた。よりたかさんは、この本を読んで触発され、滞っていた執筆が一気に進んだそうだ。私もそれに触発され(笑)、どうしても読みたくなって、取り寄せてみた。少し読んでみて、よりたかさ...
仕事について

神からのギフト

「ほんとうの《あなた》とは、いったい何でしょう。《神》とは、どのような存在なのでしょう。《霊》あるいは《霊界》はホントに存在するのでしょうか。死んだら、いったいどうなるのでしょうか。なぜ、こんなにも、悲しみや苦しみの波が訪れるのですか。」 ...
仕事について

変容の力

末期ガンで一度死亡し、生還した女性として有名なアニータ・ムアジャーニ。彼女がその経験と気づきを綴った著書「喜びから人生を生きる!」は、私に数多くの貴重なインスピレーションを与えてくれました。この本は、今でも時々読み返す座右の書となっています...
タイトルとURLをコピーしました