心身楽々堂通信/20171123号

おはようございます。
西田です。

本日11月23日は、心身楽々堂の開店記念日です。
2008年に現在の場所に店舗を構えてから、まる9年になります。

私は、47歳の時に脱サラし、整体師になりました。
未経験者であった私がいきなり独立自営し、今日までやってこられたのは、ひとえに皆様のご厚情とご支援の賜物と、深く、深く感謝をいたします。
本当に、いつもありがとうございます。

整体師は、10年の経験を積み、ようやく一人前と言われます。
まだまだ至らぬ私共ですが、皆様のお力添えをいただきながら、より一層精進を重ね、お役に立てる存在になれるよう、成長して参りたいと考えております。

さて、9周年を機に、改めて皆様にお伝えしたいことを書きます。

病気が治る。
症状が治る。
痛みが治る。

いずれも、とても大切です。
でも、もっともっと大切なことがあります。
それは、

「幸せであること」

です。

そんなの、当たり前じゃないか。
皆様、例外なくそう思われたことでしょう。

では、幸せって何ですか?

自分と家族が健康であることですか?
お金が十分にあることですか?
友だちがたくさんいることですか?
大好きな人と一緒に過ごすことですか?
旅行をすることですか?
美味しいものを食べることですか?
趣味に没頭することですか?

いずれも、幸せを感じる時間には違いありません。
しかし、どれも永続はしません。
外的要因で、増えたり、減ったり、無くなったりします。
ということは、自分の幸せを他へ依存させることになります。
そんな状態が、幸せと言えるでしょうか。

私は、幸せを次のように定義しています。

「自分自身であること」

また、そんなの当たり前だという声が聞こえて来ます。
でも、当たり前じゃない。
というか、それが出来ていない人が世の大半だと私は感じています。

病気、症状、痛みと闘うこと。
不健康である自分を否定し、逃げること。
あるいは、貧乏な自分を恥じること。

これらは、自分自身を遠ざけることになります。
自分自身を許せていない、受け入れていない状態です。

そうではなく、全ての自分を許すこと。
どんな状態であっても、これでいいんだと心から思えること。
状況や環境に左右されず、常に心が安らかであること。
授けられた命に、心から感謝して生きること。

それが、本当の幸せではないでしょうか。
少なくとも、私はそう考えています。

私は、自己否定の非常に強い人間でした。
コンプレックスの塊でした。
だからサラリーマン時代にうつになり、毎日死にたいと思っていました。

でも、この整体に出会って、変わりました。
どんな時も、自分でいいんだと思えるようになりました。
今は、毎日毎瞬、幸せで幸せでなりません。

だから、ご縁のあった皆様にも、ぜひ幸せになっていただきたい。
そう心から願っています。

整体とは、

「ゆるし、ゆるめ、ゆだねること」

そんなかなり変わった整体ですが、来年の10周年に向けて、さらに磨き上げて参りたいと思います。
何とぞ一層のご愛顧、ご支援を賜れますよう、心よりお願い申し上げます。

心身楽々堂 代表 西田 聡

ご相談、ご予約はお気軽に

072-813-8223

 

電話受付時間は、9〜18時です
ホームページを見た、とお電話ください

 

  1. 2018.06.09

    自律神経失調症の誤解

  2. 2018.04.18

    体調不良の五大原因

  3. 2018.03.09

    超高齢化社会にどう対応するのか、整体的考察その一「老いは…

  4. 2018.02.20

    起立性調節障害は「知らない」から「治らない」

  5. 2018.02.15

    整体院で、早くよくなる人と、なかなかよくならない人の大き…

  1. 2017.11.02

    朝起きれない、頭が重い(枚方市津田、10代女子/中学生)…

  2. 2017.10.13

    起立性調節障害(尼崎市、10代男子/中学生)

  3. 2017.10.12

    起立性調節障害(寝屋川市、10代女子/中学生)

  4. 2017.09.19

    起立性調節障害(香里ヶ丘、10代男子/中学生)

  5. 2017.09.16

    起立性調節障害(楠葉丘、10代男子/中学生)