中耳炎

中耳炎には、いくつかの種類があります。
めまいや耳鳴りの原因になる場合もありますので、代表的なものについて説明します。

急性中耳炎

乳幼児から小児に多くおこる病気です。
鼻かぜや咽頭炎、副鼻腔炎をおこしているときにかかりやすく、細菌が耳管から中耳へ入って感染することがほとんどです。
耳の痛みが主症状です。
聞こえも少し悪くなり、放置しておくと鼓膜がやぶれて耳だれがでてきます。
多くの場合38℃前後の発熱も伴います。

滲出性中耳炎

鼓膜の奥の中耳腔に液体がたまって、聞こえが悪くなる疾患です。
子どもやお年寄りに多く、最近増加していると言われています。
急性中耳炎と違い、熱がでたり、耳が痛くなったりしませんので、子どもでは気づくのが遅れることがあります。
なので、子どもで聞きおとしが多い、呼んでも返事をしないことが多い、テレビの音を大きくするなどのときには、注意が必要です。

慢性中耳炎

急性中耳炎を繰り返しおこしたり、適切な治療を受けないで放置していると、慢性中耳炎となって、鼓膜に穴(穿孔)があいたままとなり、聞こえも悪くなります。
痛みはありませんが、耳だれが絶えずみられたり、一時おさまることがあっても、風邪をひいたりすると、また耳だれが出てきます。
難聴の程度は鼓膜の穿孔の大きさ、その奥の音を伝える耳小骨の状態によってさまざまです。

真珠腫性中耳炎

慢性中耳炎の一種で、中耳腔のなかに骨を破壊する真珠腫というものができる病気です。
早期の真珠腫は、感染をおこすと悪臭のある耳だれがみられますが、そのほかは無症状であることも多く、痛みもありません。
真珠腫はがんのような悪性腫瘍ではありませんが、放置すると徐々に大きくなり、周囲の骨を壊します。
その結果、難聴、耳鳴り、めまい、顔面神経麻痺をおこし、更に髄膜炎や脳膿瘍をおこすようになり危険な病気です。
このため手術が必要になることもあります。

めまいへの発展

中耳炎からめまいを生じるのは、大きく分けて次の3つが考えられます。

限局性内耳炎

真珠腫が内耳の骨を壊して、めまいが起こります。

びまん性内耳炎

中耳炎をおこした細菌やウィルスが内耳にまで及び、難聴、耳鳴り、めまいを起こします。
この場合は急激に聞こえが悪くなり、激しい回転性めまいが生じます。

慢性中耳炎による内耳障害

耳だれがつづいていると、内耳の働きが弱くなりめまいがします。
めまいは軽いものですが、時に回転性めまいを繰り返すこともあります。
聞こえも徐々に悪くなってきます。

トップページへ戻る