自律神経失調症の誤解

整体院の現場で、よく感じることがあります。
それは、自律神経失調症に対して、誤解をされている方が多いということです。
その誤解が、余計に症状を悪化させている。
そんな気がしてなりません。
なので、本日はこのことについて私の考えを述べたいと思います。

自律神経失調症とは

まず、自律神経失調症とは、病名ではありません。
一つの呼称です。
深刻な深い症状が出現しているのに、医療機関の検査で異常が発見されない。
つまり、原因不明の場合につけられる呼称です。

しかし、多くの人は自律神経失調症という病気にかかった、と誤解をします。
だから、医師に治してもらう、薬を飲んで治す。
そういう発想になり、ますます深みにはまっていく、そんな人が本当に多いです。

自律神経だけが悪いのではない

様々な体調不良に、自律神経の不調が関わっているのは事実だと思います。
しかし、自律神経だけが悪いわけではありません。
逆に、自律神経が正常になれば、すべてがよくなるわけでもありません。
その点を誤解されている方も、非常に多いと感じます。

体調不良の原因

体調不良の原因には、様々なものがあり、それが相互に関係しています。
一例をあげますと、次のようなものです。

  • 代謝不良
  • 体液(血液・リンパ液・脳脊髄液)循環不良
  • 内臓機能低下
  • 免疫不全
  • 骨格の歪み
  • 神経交通阻害
  • 呼吸抑制
  • 思考・想念・意識の低下

それぞれが独立して生じているのではありません。
すべてが相互に関係し合っています。
そして、バランスを取りながら、命を維持しています。
ぜひそれをご理解いただきたいと思います。

何が必要か

では、原因不明の体調不良を改善させるためには、何が必要なのでしょうか。
どうすればいいのでしょうか。

「多面的・多次元的に、統合して考え、対処する」

真の改善を望むなら、それが絶対に必要です。
しかし、残念ながら、医療機関にそれを望むことはできません。

忘れてはならないこと

最後に。
原因不明の体調不良を改善させるにあたり、忘れてはならない大切なことがあります。
それは、

「一人ひとり、症状も原因も異なる」

ということです。
よって、当然のことながら、改善のための方法も異なるということです。

現代人は、概して即効性を求めます。
しかし、残念ながら、誰にも抜群の効果がある治療法など、存在しません。
即効性のあるものは、大半が対処療法です。

一人ひとりの症状、これまでの経緯をよく確認し、前述の通り、多面的・多次元的に考え、原因を推察し、それをできる範囲で絶っていく。
そのために、生活習慣や意識などの改善を行っていく。
根本改善を求めるなら、そのような地道がな取り組みが、必要不可欠です。

お気軽にご相談ください

もし、病院では治らない不快症状でお悩みなら、ぜひお気軽にご相談ください。
以下のフォームにて症状や経緯をお知らせいただければ、原則48時間以内に返信いたします。

関連記事

  1. 息苦しい、すぐに疲れる(楠葉並木、20代女性/学生)

  2. 体調不良の五大原因

  3. 自律神経失調症(磯島茶屋町、50代男性/会社員)

  4. めまい、頭痛、肩こり(京田辺市、30代女性/会社員)

  5. 自律神経失調症、パニック障害(京都市、20代女性/会社員)

  6. めまい、頭痛、首肩こり(宇治市、60代女性/主婦)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ご相談、ご予約はお気軽に

072-813-8223

 

電話受付時間は、9〜18時です
ホームページを見た、とお電話ください

 

営業日カレンダー

メールでのご予約はこちら

  1. 2018.06.09

    自律神経失調症の誤解

  2. 2018.04.18

    体調不良の五大原因

  3. 2018.03.09

    超高齢化社会にどう対応するのか、整体的考察その一「老いは…

  4. 2018.02.20

    起立性調節障害は「知らない」から「治らない」

  5. 2018.02.15

    整体院で、早くよくなる人と、なかなかよくならない人の大き…

  1. 2017.11.02

    朝起きれない、頭が重い(枚方市津田、10代女子/中学生)…

  2. 2017.10.13

    起立性調節障害(尼崎市、10代男子/中学生)

  3. 2017.10.12

    起立性調節障害(寝屋川市、10代女子/中学生)

  4. 2017.09.19

    起立性調節障害(香里ヶ丘、10代男子/中学生)

  5. 2017.09.16

    起立性調節障害(楠葉丘、10代男子/中学生)