メッセージ

47歳で脱サラした現役整体師が心から伝えたいこと

ありがとう、このご縁に心から感謝します

こんにちは。西田です。このページを見てくれて、ありがとう。心からお礼を言います。せっかくご縁をいただいたあなたに、どうしても伝えたいことがあってこのメッセージを書いています。しばらくお付き合いくださると、とても嬉しく思います。

ひとつお聞きします

唐突ですが、あなたはいま、幸せですか?「はい!とても幸せです!」あなたがそう言ってくれたら、私はとても嬉しい!私からお伝えすることは、何もありません。このページを閉じていただいて結構です。いつかどこかで会って、生きることについて語り合えたらいいですね。でも、もしそうでないなら…あと5分ほど、私に時間をいただけませんか。なぜなら、これは、とても重要な問いかけだからです。お節介は承知の上ですが、かけがえのない大切なあなたの人生に、たとえ5分間でも向き合って欲しいからです。

想像してみてください

一年後、あなたはどんな生活を送っていますか?現在とは異なる人生を歩んでますか?そして、幸せですか?今と変わらない?それとも、一年後のことなどわからない?流れに身をまかせて生きる。それも悪くありません。現代社会は、そうやって一生を過ごす人が大半だと思います。あなたの人生は、あなたのもの。すべてあなた次第。私が口をはさむべきではありません。しかし、社会の制度や環境の変化は、容赦無く押し寄せます。あなたは嫌でもそれに巻き込まれます。

覚悟はできていますか?

これからの10年、社会は激変します。そのインパクトは、これまでの10年を遥かに上回る。そう言われています。その中核のひとつが、AI(artificial intelligence)=人工知能の台頭です。これまで人間がやっていた多くの仕事を、人工知能がこなすことになる。一説によると、3年以内に、約4割の仕事がAIに奪われるそうです。どうやらこれは、止められない流れのようです。しかも、私たちの想像をはるかに超えた激流となるでしょう。その流れの中で、今のあなたの仕事がどうなるか。それは、私にはわかりません。しかし、間違いなく言えること。それは、大半の企業がその流れに飲まれ、企業間競争が熾烈化し、情け容赦ない生き残り施策が実行されることです。その影響は、間違いなくあなたにも及ぶでしょう。つまり、あなたは何も悪くないのに、突然、職を失う。これからの10年は、そんなことも現実に起こりうることを知っておくべきだと私は思います。その覚悟はできていますか?

国が守ってくれる?

残念ながら、その認識は捨てたほうがよさそうです。国が守りたいのは、国民ではないからです。国が守りたいのは、企業です。少なくとも日本はそんな国になっています。その結果、日本は4人に1人が高齢者という、世界でも類のない超高齢化社会になりました。さらに2035年には、3人に1人が高齢者になるという
推計もあります。そのような状況下、年金の支給は、75歳からになると言われています。消費税も、やがて10パーセントになるでしょう。その一方で、原子力発電所の建設や稼働、兵器の購入に多額のお金をつぎ込む。それが、現在の日本という国です。これら現実がどんな未来を招くのか、考えてみてください。今はまだ見て見ぬ振りをできても、あなたもいつか必ず直面せねばならないということ。そのことは、ぜひ理解しておくべきでしょう。だから、自分の健康と生活と人生は、自分で守る。そのために、覚悟を決めて、具体的に行動を起こす。それがいま本当に必要なのに、日本国民の大半は、感じる力と考える力を喪失し、組織に依存し、束縛され、刹那の快楽にふけり、流れに身をまかせる生き方をしています。

脱サラした最大の理由

私は約10年前、47歳の時に会社を辞めました。理由は色々ありますが、最大の理由は、「人生を自分の手に取り戻すこと」それに尽きます。サラリーマンは、自分の人生を他に委ねる生き方を強いられます。自分で仕事を選ぶことができません。勤務地も選べません。収入を増やしたいと思っても、限界があります。会社の利益のためには、売りたくないものも売らねばなりません。イエスと言えないことも、イエスと言わねばならないことが、多々あります。お金のため、生活のため、家族のために、自分を虚しくし、抑えつけ、偽る。私は、それが辛くて、苦しくて、悲しくて、仕方ありませんでした。サラリーマンを続けるなら、いっそのこと死んだ方がマシとさえ思っていました。しかし、自分には何の取り柄もない。会社を辞めて起業できるような、能力も知識もない。そんな、絶望の淵に立たされた私を救ってくれたのが、整体の仕事であり、師匠でした。

自分の人生を取り戻す

師匠は、それまで考えもしなかった整体の姿を私に見せてくれました。それは、大きな夢と希望に満ちていました。心身の不調で苦しむ多くの人を救うことができる技術が短期間で身につく。自分が心から信じる道で起業し、サラリーマンを大きく超える収入が得られる。夢のような話でした。これでもう自分を偽らずに済む…安堵と歓喜のあまり、私は号泣しました。「幸運の女神には前髪しかない」よくそのように言われます。出会った瞬間に、すぐ前髪をとらえなければ、女神は去っていく。私は、無我夢中で女神の前髪を掴んだ。そして、絶対に離さなかった。多くのものを失い、たいへんな苦労はしたけれども、私は自分の人生を自分の手に取り戻すことができました。朝から晩まで一日中、自分が好きな場所で、好きな人に囲まれ、好きな仕事をしています。かつて夢に見た、素晴らしく幸せな毎日を送っています。その一方で困難は絶え間なくやってくるし、たびたび窮地に陥ります。障壁の高さは、どんどん高くなってきます。でも、これらはすべて、私を鍛え、磨き、成長させてくださる、ありがたい糧です。日々、心穏やかに、人生のめぐみ、豊かさに感謝し、限界を突破しながら生きる素晴らしさは、経験した者だけが味わえます。

決断することで人生は変わる

人生を変えるために必要なこと。それはお金でも、能力でもありません。必要なのは「決断」です。本気で決断すれば、そこから人生が変わり始めます。いま決断できなければ、おそらく一生決断はできないでしょう。もちろん、整体師になるのは、数ある選択肢のひとつに過ぎません。しかし、私は、「整体師は世界一の仕事」そう確信しています。心身の健康は、何よりも大切です。すべての基盤です。整体は、心身の健康回復、維持や増進に、大きく寄与します。しかも、身ひとつで、起業できます。使うのは己の身だけ。器具も電気も材料も使いません。大きな設備投資や、仕入れや在庫などが一切不要です。年齢を重ねれば重ねるほど熟練し、生涯現役を貫けます。潜在的な需要は、事実上無限大。しかも、AIには絶対に不可能な仕事です。真に人に寄り添えるのは、これからいかに技術が進歩しようと、人以外にあり得ないからです。どこまでも自分を磨き、高め、成長し、それを源泉にして、人や社会に貢献し続け、さらに成長を遂げていく。整体師は、そんな仕事です。こんな可能性に満ちた素晴らしい仕事、他にありますか?

時間は命そのものです

過ぎ去った時間は、二度と取り戻すことはできません。いつ命が終わるか、それは、誰にもわかりません。だから「いま」が大切なのです。「いつか」は永遠にやってこない未来です。改めて、あなたにお聞きします。「あなたはいま幸せですか?」「一年後のあなたは幸せですか?」…もし、あなたにその気があるなら、私には、あなたを最高の幸せへと導ける自信があります。この下にあるボタンを押すという小さな行動が、その大きな転機になるかもしれません。ご存知ですか?いま日本には、幸せを感じることのできない人が蔓延しています。深刻な不調や病気で苦しむ人もたくさんいます。絶望し、将来を悲観して、自ら命を絶つ人が、先進国中ダントツに多いのが日本です。驚いたことに、15〜35歳の若年層の死因第1位は、なんと自殺だそうです。どう考えても異常です。このままでは、絶対にいけません。この状況を、私は整体というツールを駆使して、生涯をかけて打破したいと本気で考えています。誰もが安心して自分らしくあれる社会を創造すべく、業界を超え、国を超え、さまざな人と、手を携えていきたいと考えています。そして私は、ぜひあなたに、私と手を携える一人になって欲しいと本気で願っています。

何よりも大切なこと

それは、いま、あなたが幸せであることです。自分が幸せでないと、人を幸せへと導くことなどできないからです。さて、私がお伝えしたいのは、以上です。いかがですか?やはりあなたは現状にしがみつき、他者に翻弄され、流される人生を選びますか?自分で自分の可能性に、蓋をしますか?それとも、自分の人生を自分で切り開く挑戦を試みますか?もう一度、言います。幸運の女神には前髪しかありません。通り過ぎたら、時すでに遅しです。二度とやってきません。たとえわずかでも私の言葉があなたの心に響いたなら、小さくてもいいから、第一歩を踏み出してください。では、第一歩とは何か。ぜひ私の提案するプロジェクトをご覧ください。何か気になるものがあれば、ぜひ申し込んで見てください。

地上最強の整体師
西田 聡