早期発見、早期治療の功罪/人工透析に通うご婦人を見て思ったこと

先日、人工透析を20年以上にわたり受け続けている方が、整体院へ来られた。

主訴は他にあるのだが、腎機能低下や透析と無縁ではないはずだ。
なので、少し調べてみた。

その中で、透析患者数の推移を知って、驚いた。

透析患者は、1968年には、全国でたった215人しかいかなった。
それが、2014年には、32万人を超えているのである。

透析患者数
<出展>一般社団法人 日本透析医学会
http://docs.jsdt.or.jp/overview/pdf2015/p003.pdf

50年足らずで、透析患者は、なんと約1,500倍に増加しているのだ。
この数字を異常と感じるのは、私だけであろうか。

透析患者数が爆発的に増加した理由として、一般的には、次のように言われる。

腎不全は、末期に至らないと自覚できない。
1968年頃も、潜在的には、かなりの数の腎不全患者がいた。
しかし当時は、検査技術が未発達であったので、未然に発見できなかった。
また、透析療法も一般に浸透していなかった。
さらに近年はストレス社会ゆえ、腎臓を患う人も増えている。
だから、ここ50年ほどで、透析患者は急増した。

確かに、一理ある。
しかし、1,500倍という数字は、看過すべきでないと私は思う。

いずれにせよ、この数字は「早期発見、早期治療」を徹底させた成果だと思う。
だから、日本透析医学科も、誇らしげに発表するのだろう。

早期発見、早期治療で、命を救われた人がたくさんいることだろう。
しかし、もしかしたら治療せずに済む人を、治療してる可能性はないだろうか。

血液透析の場合なら、頻度は週に3回が標準だそうである。
1回あたりの所要時間は、3~5時間程度だそうだ。

週に3回ということは、ほぼ1日おきである。
往復や、待ち時間なども入れれば、ほぼ半日が潰れる。
経済的な負担も大きいだろう。

何より、一度透析を始めれば、止めることはできない。
死ぬまで、上記のようなペースで続けねばならないという。

生活は、かなり制限を受けるだろう。
寿命は延びるかも知れないが、それが必ずしもよいとは限らない。

上の写真は、ネットで見つけた。
某病院が自サイトに、誇らしげに掲載している透析室の写真である。

この風景を見て、あなたは何を感じるだろうか。
自分がこの病室に横たわるとしたら、どう思うだろうか。

進化する検査法や治療法。
莫大な予算を投じ、人類の叡智を結集して開発される、最新の機器や薬剤。
充実した設備、手厚いサービス。

科学の発達は、素晴らしいことだと思う。
しかし、それが必ずしも人の幸せにつながっているのか、どうか。
そんな問いかけが必要ではないだろうか。

今や、年間40兆円を超える、巨大な産業と化した日本の医療。
医療費の高騰と比例して、年々増え続ける病名と、該当する病人たち。
大勢の人たちが、医療の補助なしに生きていけなくなる社会。
これは、果たしていいことなのか。

健康について、命について、社会について。
生きることについて、死ぬことについて。

私たち一人ひとりが自分の頭で考え、自分の選択に責任を持つべき時期だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

1960年、大阪生まれ。2008年、47歳の時に、突如、24年間勤務した会社を辞し、整体師に転身することを決意。多額の住宅ローンを抱え、当時高一と中二、二人の息子がいる身で脱サラし、未経験の仕事で起業するなど狂気の沙汰と、周囲の誰もが猛反対する。しかし、耳を貸さず、整体院の独立開業を断行。案の定、失敗、挫折、絶望の連続で、辛酸をなめ尽くすが、ぎりぎりのところで踏み止まる。修得した整体手技療法を基盤に、合氣道修行で得た心身修養の精髄を加味した「心整体法」を着想。病院で治らない慢性疾患や自律神経失調症専門の整体院という独自路線を歩み、自力で整体院経営を軌道にのせる。組織に依存せず、束縛されず、自分の良心や信念をいっさい曲げることなく、己の身一つでサラリーマン時代を大きく超える収入が得られることを証明する。その経験を生かし、脱サラ・起業に特化した整体塾を主宰。まったくの未経験者を「オンリーワンの整体師」に育てあげることについては、日本一の手腕を持つ。これまでに、50名を超える整体師を輩出。現役の整体師を続けながら、大阪府枚方市、千葉県船橋市を拠点にして後進を育成。また、各地で一般の方に向けたセミナーや体験会を開催し、「心整体法」を伝えている。