野生動物から学ぶ

陸上最速の動物、チーター。
最高速時は、時速120キロ以上で疾走すると言われている。

その姿を捉え、骨格の動きを重ね合わせた映像を発見した。
まず、ご覧になって欲しい。

四肢や股関節、肩関節の動きも見事だが、何よりもすごいのは胴体の動きだ。
言い換えれば、背骨(脊柱)のしなりである。

最高速度をたたき出すエンジンは、胴体なのだ。
つまりは背骨のしなやかさだ。
そして、背骨のしなやかさは、筋肉のしなやかさでもある。

肝要は、ゆるみだ。
ゆるみとは、単に柔らかいということではない。
自由自在ということだ。

人間も、同じ脊柱動物。
背骨のしなやかさ、そして筋肉のゆるみがとても大切。
そして、それを実現するのが整体。

関連記事

  1. いのちの学校

  2. 「掌ひとつの革命」心整体法集中合宿セミナー

  3. 修了にあたって

  4. Black Dog(うつに陥った人の気持ち)

  5. 施術後に乳児が死亡した事件について思うこと

  6. 暮らしに生かす「整腸セラピー」講座

  7. 治療家という呼称

  8. 日常に生かす整体

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

アーカイブ

最近の記事

  1. 開店9周年

    2017.11.23

  2. 木蓮の涙

    2017.11.10