本当に世界平和に貢献したいなら

昨日読んだ本に、全く同感の一節を見つけた。
僭越ながら、私が整体塾門下生に対し、よく話すことと同じだ。
以下、引用させていただく。

〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜

本当に世界平和に貢献したいなら、自分の好きなことをして人生を生きることがいちばんだよ。なぜなら、自分の好きなことをやっている人は、他人をうらやんだり、批判したりしない。そんなヒマがあったら、もっと好きなことをやりたいからね。この社会の人間がみんな好きなことをやっていたとしたら、どれだけ平和になるだろう。
私は、常々一個人が世界に貢献できることは、ただ一つ、その人が生まれてきた使命に気づき、それを生きることだけだと思う。それには『自分の好きなことをやる』。ただそれだけでいいと思う。好きなことをやっていれば、その人は幸せになる。幸せな人は周りを幸せにするパワーをもつ。表面上は単なる普通のパン屋に過ぎない男も、魂を込めて焼くパンで多くの人を幸せにできる。彼の笑顔とパンは人を幸せにし、いい気分にさせる。平和のデモをやって道端にゴミを撒き散らす連中より、よっぽど平和に貢献していると私は思うね。好きなことをしていると、必ず道は開ける。時間差はあるだろうけど、お金もやってくるはずだ。もし、万が一お金がやってこなくても、好きなことをやって幸せなんだから、それで十分だろう。

「ユダヤ人大富豪の教え」(本田 健 著)より引用

〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜

誰もが、世界平和を願う。
しかし、大半の人は、他に原因を求め、他を変えようとする。
それは、不可能と知るべきだ。
私たちが変えられるのは、自分だけである。
勇気と希望をもって、自分を変える。
自分が大好きなことをして人生を生きる。
そんな大人を一人でも増やしたい。
それが、私が整体に命をかける根幹の想いである。

関連記事

  1. 何をどう伝えるか

  2. 一隅を照らす

  3. 一所懸命に生きる

  4. 仕事は最高の自己表現手段である

  5. 合氣道と整体

  6. ここへ来て、本当によかったです

  7. 自然に寄り添う新しい生き方 〜抗わず、汚さず、偽らず〜

  8. 夢中の「証」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)