心整体法

心整体法は、治療術ではない。
教育であり、共育である。

“心”を使って、人間という生命“体”を“整”える“法(=道、教え)”、いわば癒しの人間学である。

その真髄は「無為自然」。
肝要は、

 自然と調和すること。
 命の営みを整えること。
 生き方を整えること。

目指すのは、三つ。

 ゆるすこと。
 ゆるむこと。
 ゆだねること。

実践するのは、六つ。

 訊ねる。
 聴く。
 寄り添う。
 受け取る。
 見守る。
 待つ。

実践を重ねれば、施術者と被術者双方の、

 骨格が整う。
 めぐりが整う。
 心が整う。

すると、誰もが本来備える生命力が覚醒し、旺盛となる。
痛み、病気、症状の治癒は、その結果として自然に生じるものである。

また、生命力が活性化すれば、自ずと本当の自分に還っていく。
すなわち安心立命の境地である。

まずは、自分自身を癒すこと。
それは、他者を癒すことにつながる。
やがて、社会を癒すことへと広がる。

一灯照隅、万灯照国の実践。
それが、心整体法である。

関連記事

  1. 本当の仕事とは

  2. ネットでつながるご縁

  3. 整体の現場で感じる、子どもの健康に影響する親のあり方・関わり方

  4. 「掌ひとつの革命」心整体法集中合宿セミナー

  5. 原点へ

  6. 人間学としての整体

  7. 修了にあたって

  8. いのちの学校

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.