規模と効率を求めない

クリスマスの夜は、大好きなタイ料理を堪能することに。
行き先は、くずはの知る人ぞ知る名店「タイ食堂 パパイヤ」さん。

パパイヤさんは、カウンター9席のみの小さなお店。
オーナーシェフであるディアオさんの腕前は、プロ料理人が「関西一美味しいタイ料理」と絶賛するほど。
その彼が真心込めた料理には、いつも心癒される。

昨夜のクリスマススペシャルメニュー。
通常メニューとは異なる、手の込んだ特別料理ばかりである。
言うまでもなく、どれも絶品だった。

ディアオさんは、味が落ちる可能性があるものは、作り置きをしない。
オーダーを受けてから、材料を刻むところから始める。

味見をしながら、丁寧に、丁寧に、調理をする。
だから、一度にたくさんは作れないし、出来上がるまでに時間がかかる。

でも、そんなディアオさんのあり方と料理が、私は大好きである。
もっと広い店に移って、思い切り腕をふるって欲しいと思う反面、ずっと今のままでいて欲しいとも思うのである。

〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜

規模と効率を求めること。
それが、必ずしもよいとは限らないと、最近、つくづく思う。

少なくとも私自身は、規模と効率を求める営みに疲れ果てた。
だから、サラリーマンを辞めた。
整体師という、前時代的職人の世界に、生きる希望を見出した。

教育、医療、食料、生活用品…
現代日本の社会は、ありとあらゆる分野で、規模拡大と効率向上が至上命題となっている。
経済最優先の流れの中では、それでよかったのだと思う。

しかし、よく観察すれば、喜んでばかりいられないことに気付く。
過剰で不要な機能やサービスが増える反面、品質は劣化。
競争が激化し、従事する者が疲弊する一方。
その結果、幸せを感じる人が、極端に少なくなってしまった、日本という国。

我々職人の世界にも、規模と効率を求める波は怒涛の如く押し寄せる。
その波にうまく乗る者も、少なくない。

しかし、私はあえて乗らない。
自分でも、頑固で不器用とは思うが、自分の心の平安を最優先させる。
これからも、本当に大切なことを、面授、手渡しで伝えたい。

そんなことを考えた、クリスマスの夜だった。

関連記事

  1. 暮らしに生かす「整腸セラピー」講座

  2. 真実

  3. 整体院業務の品質向上に欠かせない!迷惑電話撃退システム「トビラフォン」…

  4. サイコバブル社会

  5. 自灯明、法灯明

  6. 誠実であろうとする姿勢

  7. 人さまの健康に関わる仕事に携わる者は謙虚さを忘れてはならない

  8. 人生を変える決意をした頃のインタビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)