治すなんておこがましい

「治すなんておこがましい」

亡き師匠が、幾度となく口にしていた言葉である。
他にも、

「治ることがいいとは限らない」
「治らないものを治してはならない」

などなど。
当時は、意味がよくわからなかった。
今は、痛いほどわかる。

〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜

医療が発達すればするほど、病人が増える。
それと同様に、治療家が増えれば増えるほど、患者が増える。
私は、そう感じてならない。

この業界では「繁盛治療院」という言葉が堂々と使われる。
実に気持ち悪い言葉だ。

治療院は、問題を解決するところである。
そういう意味では、派出所や消防署と同じである。

「繁盛派出所」
「繁盛消防署」

そんな言葉、使わないだろう。
逆に、繁盛しないよう努力するのが健全ではないか。
少なくとも私はそう思う。

何の疑問も持たず、盲従する大人(特に男)ばかり。
だから、こんな社会になってしまうのだ。

整体師は、治療家ではない。
整体院は、治療院ではない。

整体師は、治療家が増えないようにするのが仕事である。
整体院は、治療院が繁盛しないようにする場所である。

なので、時として、私は、治療家から目の敵にされる。

〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜

依存から、自立へ。
そして、相互共存(インタービーイング)へ。

日々、一人ひとりが気づき、学び、成長すること。
それを支えるのが、私たちの仕事である。

整体とは「教育」であり「共育」である。
来年は、その啓蒙普及活動をいっそう強めたいと考えている。

多勢に無勢、逆風が吹きすさぶ、いばらの道である。
一緒に歩もうという奇特な方は、ぜひご一報を。

関連記事

  1. 整体起業8周年を迎えて ~崖っぷちに立つこの国に生まれた意味~

  2. 不確かな時代に光を見出すために

  3. 一人革命

  4. 技術は道具である

  5. 徒然と整体(2) 〜 ゆるむ

  6. 自由業

  7. 手を育てる

  8. 来院者をどう呼ぶか

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)