掌ひとつの革命

【掌ひとつの革命】

わかる人には、わかるだろう。

福岡正信さんの「わら一本の革命」の流用である。
でも、ただのパクリではない。
分野は違えど、想いもしっかり受け継いでいるつもりだ。

現代社会に蔓延する慢性疾患、難治性疾患、精神疾患。
その大半に対し、現代医療はほぼ無力であり、時として害を及ぼす。

疾患に限らず、現代社会のあらゆる問題の根底にあるもの。
それは、自然からの乖離である。

人類は、自然環境を破壊する以前に、自分という自然を破壊している。
ほぼ無意識に。

今、考えねばならない。
なぜ、人類が地球上に誕生したのか。
なぜ、唯一人類だけが心を備え、自然に影響を及ぼす能力を備えたのか。

伝説的アパッチインディアンであるストーキング・ウルフの短い言葉に、大きなヒントがある。

「私たちは地球のケア・テイカー(caretaker、世話人)なのだよ」

大地の子として、ケア・テイカーとして、何も奪わず、何も傷つけず、グレート・スピリットにつながる生き方。
長い間、先住民族たちはそれを実践していた。

日本人も、江戸時代まではそんな生き方が普通であった。
自然と調和する「ケア・テイカー」として、八百万の神とつながりながら暮らしていたのだ。

私たちは、命のケア・テイカーであるべきだ!
今こそ、それを思い出そう!

その手がかりと具体的実践方法。
それが、心整体法である。
掌ひとつで始められる、一人革命である。

マザー・テレサがこのような言葉を残しているそうだ。

「私たちのやっていることは、僅かな一滴を大海に投じているようなものです。ただ、その一滴なくして、この大海原はないのです」

関連記事

  1. 自然に還る

  2. 人生を楽しむ

  3. 止まる/整体院のあるお客様からいただいた手紙をきっかけに考えたこと

  4. 「整体は教育である」と主張する所以

  5. 次男の誕生日に思うこと

  6. 本当の仕事とは

  7. あえて苦言を呈する

  8. 原点へ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)