祖父の命日に

本日は、母方の祖父の命日だ。
享年64歳だった。

この写真、ベンチ左に座っているのが、祖父。
右は、私の父。
そして、父に抱かれているのは、私である。

祖父は、長女である母の第一子である私を、それはそれは可愛がってくれたそうである。

この写真の祖父は、57歳。
なんと、今の私よりやや若い!!

ちなみに祖父は、若い頃から写真の仕事に携わっていたが、49歳の時に会社を辞め、独立。
古美術・古建築専門の写真家として活動していたそうだ。

パイプをくゆらせ、レコードを聴いていた祖父。
若い時はボクシングに打ち込み、腕っ節が強かった祖父。
お酒と女性が大好きだった祖父。

最近、カメラや写真撮影に興味がわいてきたのは、この祖父の影響だろうか。
生きていたら、いろんな話ができたのにな…と思う。

関連記事

  1. 恩師、村松 幸彦先生の命日に

  2. 魂の仕事

  3. 同じ地平を見つめて

  4. 男として、父として

  5. 帰省したので、立ち寄りました…

  6. 亡き盟友へ

  7. 生き方を整える

  8. 二日間の「心整体法・入門講座」を終えた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)