集中内観研修に参加しました

昨日、7泊8日の集中内観研修より戻りました。
世間や他者との関係を一切断ち、ひたすら自分の内面を調べるという、たいへん稀有で、貴重な体験をさせていただきました。

本来の真剣な内観からはほど遠かったですが、自分がいかに身勝手で、傲慢で、我欲に満ちた、稚拙で醜い人間であるかを思い知りました。
そんな私であるにも関わらず、多くの皆様の御恩で生かせていただいている、それを実感いたしました。

特に、亡き母の無償の愛を、痛切に感じました。
また内観を重ねるうちに、母は共に成長を遂げてきた“魂の同志”のような存在であることもわかりました。
そして、目には見えない深い“つながり”を実感するようになりました。

そういえば、研修所の庭に出た時に、蝶が私の周囲を舞っていることが多々あることに気付きました。
“蝶は死者の魂がこの世に姿を現したもの”という言い伝えもありますが、母が何かを伝えに来たのかも知れません。

さて、内観法の創始者、吉本伊信師は、内観の目的を「いかなる逆境に苛まれても、つねに感謝報恩の心境で暮らせる気持ちに大転換すること」とされています。
つまりは、転迷開悟し、安心立命の境地へと至るということでもあります。

内観によって、何年も苦しんだ重篤な病や精神疾患が治癒に向かうことは、多々あるそうです。
しかし、伊信師は、当初、それを公表することを禁じたそうです。

なぜなら、それはあくまでも結果として生じた現象の一つに過ぎず、内観の目的とは外れるからだそうです。
また、関わりは最小限にして、傾聴に徹し、内観者自らが気付くことを「待つ」ことを何よりも大切にされていたそうです。

僭越極まりないことではありますが、私が提唱実践している「心整体法」と相通じるものが多く、今後の取り組みに大いに活かせると感じています。
もちろん、整体院のお客様や整体塾の門下生たちにも、内観を勧めて参りたいと考えております。

今回、真心込めてお世話くださいました「北陸内観研修所」所長の長島美稚子​先生はじめ、所員の皆様に、心から感謝する次第であります。
ありがとうございました。

また、内観を紹介し、強く勧めてくださった整体院のお客様、そして快く送り出してくれ、留守を守ってくれた森 亜紀子にも、心より感謝いたします。
ありがとうございました。

なお、北陸内観研修所は、伊信師の「内観原法」を忠実に守っておられます。
内観がいかなるものか、具体的にどのようなことをするのか、どんな人が来ているかなど、興味がある方は、ぜひ同所のウェブサイトをご覧ください。
http://www.e-naikan.jp/

私の体験談でよければ、いくらでもお話しいたします。
ぜひお声掛けください。

ありがとうございました。

〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜

写真は、研修終了後、美稚子先生のお勧めにより訪れた「称名滝」です。
その迫力に圧倒されました。
後に知ったのですが、350メートルという落差は日本一であり、天然記念物に指定されている、日本三大名瀑の一つでもあるそうです。
駐車場近くの案内板に「徒歩30分」と書かれており、やや躊躇しましたが、行って本当によかったです。

関連記事

  1. 続・自灯明 法灯明

  2. 人生を楽しむ

  3. 道 〜 10年前を思い出して

  4. みなさんに真剣に考えていただきたいこと、医療費の真実

  5. 一隅を照らす

  6. 父の人生、私の人生、その狭間で思うこと

  7. 徒然と整体(1) 〜 ゆるす

  8. 脱原発より、脱サラリーマンを

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)