武士道と云ふは死ぬ事と見つけたり

日本は、本当に良い国だ。その良さは、日本人ならではの特質が基盤になって、形成や醸成されたものだと思う。日本人らしさを思いつくままに列挙すると、几帳面、真面目、正直、素直、勤勉、柔軟、親切、温和、利他の精神、感受性が豊か、手先が器用、頭がいい、礼儀正しい、識字率が高い…などなど。
 
しかし、現時点の日本を眺めていると、これら全てが逆手に取られ、巧みに利用され、そのことが日本の国の良さを壊滅的に損ねることにつながっていると強く感じる。その結果、日本人は、自ら破滅に向けての歩みを進めているように、私には見えるのだ。
 
江戸時代以降の日本人らしさを支えていたのは、「武士道」ではないかと思う。武士道とは、特定の階級や職能としての武士に限らず、社会生活を営む人間としての心得やあり方を示したものである。近代はそれを拠り所として、冒頭にあげた日本人らしさが顕現し、強調されて来たのだと思う。
 
さて、武士道は、日常的に命のやり取りを余儀なくされた戦国時代に編み出された武術(兵法)が発端となっている。武術とは、どんな状況にあっても相手を無力化し(殺傷し)、生き延びる術であるが、それが「いかに生きるか」という知恵や教えに転じ、道として昇華したのが武士道だと私は理解をしている。
 
冒頭の言葉は、江戸中期に書かれた「葉隠」という書物の有名な一文である。生と死は裏腹の関係にあり、生きている以上は、常に死は共にあるのだ。つまり、いつどうやって死ぬかなど、誰にもわからない。ゆえに、信念と覚悟を持って、今を一所懸命に生きることが大切だと説いていると私は解釈する。
 
しかし、昨今の新型コロナウィルス騒動の様子を見ていると、本当に情けないありさまだと感じる。国民の大半が、政治屋(政治家とは呼べる人種ではない)と、彼らの飼い犬がごときマスコミに扇動され、さして殺傷力のない小さな小さなウィルスに恐れおののき、マスクで顔を隠し、自宅にこもる。
 
命を守るための自粛?笑わせるな。そんなもの詭弁である。要請された自粛による活動停滞により、どれだけの人間が仕事を失ったり、廃業に追い込まれるか、考えているのか?それにより、どれだけの人間が自殺を余儀なくされ、犯罪に巻き込まれるか、想像をしているのか?
 
最も可哀想なのは子どもたちである。彼らは、親や教師に従わざるを得ない。ゆえに、真実を知ろうとしない、本質を探ろうとしない怠惰でだらしない大人に囲まれると、悲劇である。人との接触を避けるよう指導された子どもたちが、将来どうなるのか?マスクを着用した母親を見て育った赤ちゃんは、将来どうなるのか?考えて欲しいのである。
 
自粛とは、本来は自発的に行うものであり、要請されてするものではない。大人がやっているのは、自発的隷従、つまり自ら奴隷になっているということである。そのことに気付けないか?高齢者や病人に気遣うのはいいが、一方で未来ある若者や子どもたちの生活を台無しにしていることをどう考えるのか?自分たちで自分たちの首を絞めていることが、まだわからないのか?
 
新型コロナウィルスは、感染力は強いが、一方で重症化しにくいという特徴を持つ。だから健全な人間は、どんどん感染すればいいのだ。そうやって集団免疫によって終息させていくという選択肢もあるのだ。しかも、今後も新たなウィルスは次々と発生する。
 
もしかしたら、私のような高齢者(一歩手前だが)は感染によって重症化し、苦しい思いをするかもしれない。最悪、死ぬかもしれない。しかし、そうやって一部が犠牲になり、種族の存続を優先させることは、自然界には当たり前に存在する知恵であり営みである。
 
少なくとも過剰な自粛によって、若者が働き、楽しむ場所を奪ったり、子どもたちが学び、遊ぶ場所を奪うべきではない。何よりも、人と人とが良好な関係を保つための接触の機会を奪うべきではないと、私は強く思う。疑心暗鬼を生ずることも、大いに懸念すべきである。
 
このまま、本来の日本人らしさを捨てた(日本人ではない人間も多いと聞く)薄汚い政治屋たちに、私たちの未来を委ねてしまうのか。飼い犬のマスコミに怯え続けるのか。それとも武士道精神を取り戻し、一人ひとりが立ち上がるのか。現在は、本当に大きな岐路にいると感じてならない。


整体読本「掌ひとつの革命」

“心を使って人間という生命体を整える”、癒しの人間学「心整体法」の入門書。整体に興味がある方はもちろんのこと、生き方や働き方に迷いや悩みがある方に、ぜひお読みいただきたい整体読本です。また、何をやっても治らない、頭痛、めまい、動悸、過呼吸、不眠、慢性疲労、パニック発作、うつなど、原因不明の不快症状や心の病で苦しんでおり、わらにもすがりたい気持ちで、改善の道を探しておられる方にも、きっとお役に立てる内容だと思います。


ABOUTこの記事をかいた人

1960年、大阪生まれ。2008年、47歳の時に、突如、24年間勤務した会社を辞し、整体師に転身することを決意。多額の住宅ローンを抱え、当時高一と中二、二人の息子がいる身で脱サラし、未経験の仕事で起業するなど狂気の沙汰と、周囲の誰もが猛反対する。しかし、耳を貸さず、整体院の独立開業を断行。案の定、失敗、挫折、絶望の連続で、辛酸をなめ尽くすが、ぎりぎりのところで踏み止まる。修得した整体手技療法を基盤に、合氣道修行で得た心身修養の精髄を加味した「心整体法」を着想。病院で治らない慢性疾患や自律神経失調症専門の整体院という独自路線を歩み、自力で整体院経営を軌道にのせる。組織に依存せず、束縛されず、自分の良心や信念をいっさい曲げることなく、己の身一つでサラリーマン時代を大きく超える収入が得られることを証明する。その経験を生かし、脱サラ・起業に特化した整体塾を主宰。まったくの未経験者を「オンリーワンの整体師」に育てあげることについては、日本一の手腕を持つ。これまでに、50名を超える整体師を輩出。現役の整体師を続けながら、大阪府枚方市、千葉県船橋市を拠点にして後進を育成。また、各地で一般の方に向けたセミナーや体験会を開催し、「心整体法」を伝えている。