最新最先端の技術と人間本来のあるべき姿

仕事について思うこと

約25年前、私が苦手なパソコン操作に取り組んだ最大の動機は、表計算でもプレゼンテーションでも、ましてやゲームでもなく、「通信」でした。手元の端末機で全世界の人とつながることができる…それはある意味「時空を超える」ことであり、夢のような世界の到来に、心の底からワクワクしました。
 
当時は、業務上必要な人や、一部の“マニア”しか関わっていなかったデジタルネットワークやツールが一般化し、誰もが世界とつながる携帯端末を所有するようになりました。便利になった反面、それと同程度の弊害をもたらしていると感じます。また、この先には恐ろしい未来が待ち受けてる危惧もあります。
 
現状、技術が進歩すればするほど人間は怠惰になり、能力がどんどん退化しているからです。このままでは、人間は“肉をまとったロボット”のようになる可能性が非常に大きいと感じています。いや、現実的にそうなりつつあります。皆さんが進んで実践している「ニューノーマル(新生活様式)」は、その大きな布石と言えるでしょう。
 
少なくとも私は、自分の子孫たちを“肉をまとったロボット”にはしたくない。だから、バランスを取り戻すこと、それが急務と考えています。私が整体の仕事に命をかけているのは、バランスを取り戻すためといっても過言ではないでしょう。整体とは、生身の肉体と心を通して、命というものに深く関わっていく道だからです。
 
道具も器具も使わず、我が身ひとつで自他の命と深く関わり、気付きや学びを通して真理を究め、命の可能性をひらいていく。それを生業にするのが「整体起業」です。それを伝える講座を開講し、間も無く10年になります。その節目として、現在、本格的なオンライン化に挑戦しようとしています。
 
名付けて「整体起業講座/オンラインコース」。来年4月のテスト開講に向け、現在、3名のモニター研修生がプレテストに志願してくれています。現時点であと1名、モニター研修生が欲しいと考えています。ご関心のある方は、1/15(火)に開講するオンライン講義(zoom)に無償でご招待いたします。ぜひメッセンジャーにてご連絡ください。
 
COVID-19のワクチン接種が目前に迫っています。残された時間は、ほとんどありません。99%の確率で、人間は堕落の一途を辿り、近い将来、人類が肉をまとったロボットとして生きる世界がやってくると思います。でも、私は最後の最後まであきらめることなく、命の尊厳を守りたい。
 
そのために、最新最先端の技術と人間本来のあるべき姿、どう折り合いをつけ、どうバランスをとっていくのか。この時代に生まれて導かれた、必然の道だと考えています。感謝と歓喜に満ちて、邁進したいものです。私の“想い”が時空を超えて伝わることを願うばかりです。

整体読本「掌ひとつの革命」
無料でダウンロード
“心を使って人間という生命体を整える”、癒しの人間学「心整体法」の入門書。整体に興味がある方はもちろんのこと、生き方や働き方に迷いや悩みがある方に、ぜひお読みいただきたい整体読本です。もちろん、何をやっても治らない、頭痛、めまい、動悸、過呼吸、不眠、慢性疲労、自律神経失調症、起立性調節障害、不安障害、パニック発作、うつなど、原因不明の不快症状や心の病で苦しんでおり、わらにもすがりたい気持ちで、改善の道を探しておられる方にも、きっとお役に立てる内容だと思います。
仕事について思うこと
シェアする
西田 聡をフォローする
掌ひとつの革命
タイトルとURLをコピーしました