【整体的働き方考察】生きるための職業選択

仕事について思うこと

7年前、2014年に、大切な友人である石垣 稔さんが執筆されたFacebookのノートをぜひお読みください。当時これを読み、大きな感銘を受けると同時に、大いに共感いたしました。しかし、文中にある“目を覆うばかりの状況”はその後ますます酷くなり、昨年から今年にかけては、まさに末期的状況です。日本人の大半が自分の手で多くの人間の健康を奪い、地域コミュニティを破壊し、いよいよ日本社会を破滅へと導いています。
 
なぜ日本が、このような異常な社会になってしまったのか。なぜ日本人が、矜持を捨て去った情けない民族に成り下がったのか。それが本当によく理解できると思います。今一度、一人でも多くの方にお読みいただき、自分の働き方、生き方を振り返る機会になればと思い、改めてシェアさせていただきたいと感じた次第です。
 
私自身、24年間、大手企業に勤務していました。今から約20年前、40歳前後の頃、当時はなぜかわかりませんでしたが、たいへんな息苦しさと生き辛さを感じ、とうとう心を病みました。これからどう生きていくのか、何を職業として選択するのか、10年ほど悩み、苦しみ抜いた末に、これまで縁も興味もなかった「整体で起業する」というチャンスを手にしました。
 
そして、整体の仕事を通じて、現代医療の異常さに気付きました。毎年40兆円を超える莫大な医療費を使いながら、なぜ日本には重篤な病人や寝たきりの高齢者が多く存在し続けているのか。そのカラクリを追究する中で、石垣さんに出逢い、大切なことをたくさん教えていただき、一般には知られていない社会の構造を知りました。そういう意味で、石垣さんは私の大恩人です。
 
しかし、誰かや何かを批判したり、途方もない大きなものに挑むのではなく、まず自分自身が変わること。真実を知り、真理に気付き、実践行動すること。私はそれを「一人革命」と呼んでいますが、特に一人ひとりの職業選択、つまり勇気ある決断と行動にのみ、未来へつながる唯一の道があると強く確信しています。コロナは、そのことを最後通告しに来た使者ではないかと思います。
 
本投稿の最後に、石垣さんに、改めて心からの敬意と感謝の意を表したいと思います。ありがとうございました。しばらくお会いしていませんが、ちょうど昨年の今頃、お電話で少し長い会話をしたことを思い出しました。お酒が大好きな石垣さん、また、ゆっくり飲みながら語り合えることを心待ちにしております。
 
https://www.facebook.com/notes/334710487624730/

整体読本「掌ひとつの革命」
無料でダウンロード
“心を使って人間という生命体を整える”、癒しの人間学「心整体法」の入門書。整体に興味がある方はもちろんのこと、生き方や働き方に迷いや悩みがある方に、ぜひお読みいただきたい整体読本です。もちろん、何をやっても治らない、頭痛、めまい、動悸、過呼吸、不眠、慢性疲労、自律神経失調症、起立性調節障害、不安障害、パニック発作、うつなど、原因不明の不快症状や心の病で苦しんでおり、わらにもすがりたい気持ちで、改善の道を探しておられる方にも、きっとお役に立てる内容だと思います。
仕事について思うこと
シェアする
西田 聡をフォローする
掌ひとつの革命
タイトルとURLをコピーしました