戦争は、作られる

社会について思うこと

「戦争は、作られる」

そう言われて、いったい何人の人が信じるでしょうか。馬鹿なことをと耳も貸さない人が、圧倒的大多数でしょう。

国家や民族の利害、宗教やイデオロギーの対立。戦争は、それによって起きる。

そう固く信じて疑わない。日本においては、大半の大人がそうであることに、私はものすごく大きな危機感を覚えます。

5分前後の短い動画を、5本選びました。ぜひご覧になってください。

まさかと思うなら、ご自分で調べ、ご自分の頭で考えてください。そして、いま何をすべきか、考えてみてください。

どう思うかは、みなさん次第です。しかし、ひとつだけ、確実に言えることがあります。戦争になってからでは、遅いということです。

あなた、家族、友人、子どもたち。犠牲になるのは、罪もない一般の人たちです。戦争は、たくさんの尊い命を奪います。これは、同じ地球上で、今、実際に起こっていることです。

戦争は、人間の最も愚かな行為です。にも関わらず、私たち一人ひとりが、いま戦争勃発に加担しかねないのです。一人でも多くの人がその事実に気付くことを願うばかりです。

まず、このアニメーションは、2004年前に作られた絵本をもとに制作されたうです。今の日本の状況そのままだと思いませんか。

「戦争のつくりかた」アニメーションプロジェクト-What Happens Before War?-

政府が仕組んだ広告によって、戦争は作られる。少し前は、このような内容も、テレビで放映されていたのですね。今なら、放映されないでしょう。このYoutube動画も、いずれ削除されるかも知れません。

- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

911同時多発テロは、アメリカの自作自演であるという見解が常識です。しかし、未だ日本人の多くはその事実を知らないでしょう。

9.11テロ 陰謀説

そして、戦争は、ある日突然やって来ます。この動画は、その突然さをとてもリアルに表現していると思います。

Most Shocking Second a Day Video

戦争へ行ったアメリカ人兵士が告発している動画があります。いったい誰が、何のために戦争をしているのか。それがわかれば、私たちはどう考え、何をすべきかが見えてきます。

戦争に行ったアメリカ兵の告発!「本当の敵はアメリカ国内にいた!」 (「戦争は儲かる!」by アメリカ)

杞憂であれば、それに越したことはありません。しかし、冒頭に述べた通り、戦争になってからでは遅いのです。

大切なのは、自分で探し、自分で調べ、自分で考え、行動することです。自分の頭で考えず、他人任せにする。これが、いちばん危険なことであると、どうか自覚をしてください。

整体読本「掌ひとつの革命」
無料でダウンロード
“心を使って人間という生命体を整える”、癒しの人間学「心整体法」の入門書。整体に興味がある方はもちろんのこと、生き方や働き方に迷いや悩みがある方に、ぜひお読みいただきたい整体読本です。もちろん、何をやっても治らない、頭痛、めまい、動悸、過呼吸、不眠、慢性疲労、自律神経失調症、起立性調節障害、不安障害、パニック発作、うつなど、原因不明の不快症状や心の病で苦しんでおり、わらにもすがりたい気持ちで、改善の道を探しておられる方にも、きっとお役に立てる内容だと思います。
社会について思うこと
シェアする
西田 聡をフォローする
掌ひとつの革命
タイトルとURLをコピーしました