整体院のお客さまから聞いた、びっくり仰天する病院の対応(腰痛編)

注)画像はネットで拾ったもので、本文とは関係ありません

先日、整体院に来られたお客さま(40代、女性)にうかがった話である。

2ヶ月ほど前のこと。
両脚膝下が重だるく、日がたってもまったく回復しない。
心配になり、近くの総合病院へ行ったそうだ。

ところが、何科へ行けばよいか、わからない。
受け付けで訊ねたところ、整形外科へ行くよう指示されたそうだ。

整形外科の医師はロクに話も聴かず、「MRIで検査しましょう」と。
なぜいきなりMRIなのか疑問に思うが、それを問う間も無く、半ば強制的だったそうだ。

MRI検査の結果、医師の診断は「ヘルニアが原因です」。
すぐさまリハビリを受けるよう、指示された。
今日は時間がないからと断ると、無理やりカルテを回されたそうである。

仕方なしにリハビリ室へ行ったところ、大混雑。
1時間ほど待たされた。
順番が来ると、何の説明もなく、いきなり機械を使った腰の牽引をされたそうだ。

その後、ベッドに横にならされ、強いマッサージを受けたそうだ。
彼女は痛いのをじっと我慢していたが、驚いたことに、マッサージ担当者は、隣の同僚と談笑をしながら、マッサージをしていたそうである。

そして、毎日リハビリに通うよう、指示されたそうだ。
もしリハビリを続けてよくならないようなら、手術するしかないと言われたそうだ。

彼女は、その日から腰が痛くなったそうだ。
それまでは、まったく痛くなかったのに。

通常の人間なら「ヘルニアが悪化してきた」と思い込むだろう。
そうなると、病院や医師の思うつぼである。
しかし、彼女は違った。
以前からの当院のお客さまなので、「これはおかしい!」と気付いたのである。

何から何までひどい対応だが、これが日本の整形外科の実態である。
私の聞く限り、どこもそう変わらない。

信じられないと思うが、医師はまったく不勉強である。
腰痛の原因を探ろうともしない。
医師という身分や資格に守られて、安泰だからである。

彼らの仕事は、患者の症状を治すことではない。
高額な設備投資を回収するために、むやみやたらに検査をし、適当な病名を付ける。
脅し、治療に通わせて悪化させ、手術して点数を稼ぐ。
それが、整形外科医の仕事である。

そして、リハビリ室のスタッフ。
おそらくは、PT(理学療法士)であろうと思う。
このお粗末さで、国家資格者である。
レベルは、町のリラクゼーションマッサージ店のアルバイト店員と変わらない。
仕事に対する誇りも良心も、持ち合わせない。
実費で歩合を稼ぐアルバイト店員の方が、まだマシである。

こんな医療従事者ばかりでも、大勢の人間が病院へ群がる。
そして、根拠のない治療を受け続け、ますます健康を損ね、悪化させている。
医療従事者たちは、ますます図に乗る。

これは、整形外科に限らず、すべての医療において同じである。
日本の異常さを象徴する風景である。

なお、そのお客さまが、それ以降、その病院へ行かなかったのは、言うまでもない。

まず必要なのは、本当のことを知ることだ。
病院とはいかなる場所なのか、医師の仕事は何か、彼らは何のために働いているのか。
自分や家族の身を守りたいなら、それを知るべきである。

関連記事

  1. 悩める医療従事者のみなさんへ

  2. 開店7周年を迎えて

  3. 【日常に潜む危機】平然と「多剤大量処方」を行う医師たち

  4. 受講料が高い!?

  5. 日常に生かす整体

  6. 施術後に乳児が死亡した事件について思うこと

  7. 【整体院での改善事例】過敏性腸症候群(日本に1,200万人!)

  8. 子どもを守る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

アーカイブ

最近の記事

  1. 合掌

    2017.10.9