整体的セルフケアについて(2)/呼吸を整える-1

整体的セルフケア。
私は、整体即生活、生活即整体。
つまり、セルフケアは日常にありと考えている。
今回は、呼吸について考えてみる。

呼吸の大切さ

呼吸は、命の根幹を担う営みである。
ものを食べずに生きている人はいるが、呼吸をせずに生きている人はいない。
5分間、呼吸を止めると、人は死ぬと言われている。

しかし、「食事に気をつけている」という人はいても、「呼吸に気をつけている」と言う人は、ほとんど聞いたことがない。

24時間、365日、止めることのない呼吸。
生涯、続けていく呼吸。
その質によって、健康や人生は大きく変わるはずだ。

呼吸の仕組み

そこで、今回は、まず呼吸の仕組みを学ぼう。
なお、本記事で扱う呼吸とは、第2次呼吸(=肺呼吸)のことを指す。

まず、下の動画を再生して欲しい。
呼吸はどのようにして行なわれるのかが、ご理解いただけると思う。

実は、肺自体に収縮能力はない。
胸郭の容積が広がり、それによって肺が膨張し、空気が入ってくる。
逆に、胸郭の容積が小さくなり、それによって肺が収縮し、空気が出て行く。

呼吸活動を担うもの

では、胸郭の拡張と収縮はどうやって行われるのか。
それを担うのは、筋肉である。
主に肋間筋という肋骨の間にある筋肉と、胴体中央部にある横隔膜という筋肉。
この二つの筋肉が、胸郭の拡張と収縮を担っているのだ。

つまり、呼吸は、筋肉によって行われているのである。
まずはこの事実をしっかり認識して欲しい。

関連記事

  1. 整体師としての自信

  2. 癒しとは

  3. みなさんに真剣に考えていただきたいこと、医療費の真実

  4. 合氣道と整体

  5. あえて苦言を呈する

  6. 人さまの健康に関わる仕事に携わる者は謙虚さを忘れてはならない

  7. Black Dog(うつに陥った人の気持ち)

  8. 整体起業8周年を迎えて ~崖っぷちに立つこの国に生まれた意味~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

アーカイブ

最近の記事

  1. 合掌

    2017.10.9