フォークを曲げて気付いたこと

時々、SNSなどで目にする、曲がったフォーク。

正直言って、いい気分じゃなかった。
なんでそんなことするのか、さらしものにするのか。
不快に思った。

しかし、それが何を意味するのか、なぜそれをするのか。
昨日、少しわかった。

Soraさんの「お話会」「古武術体験会」に参加させていただいたからだ。
結果的に、十分ではないが、フォークが曲がった。

無理やり曲げたわけではない。
フォークは曲がりたい時に、曲がりたい方向へ、曲がっただけ。
前提は、調和だ。

とても良い気づきをさせていただいた。
今後も、引き続き、学びを深めていきたいと思う。

Soraさん、ご参加のみなさま。
ありがとうございました。

関連記事

  1. 命と向き合うできごと

  2. あえて苦言を呈する

  3. 祈り〜サムシンググレートとの対話

  4. 戦争のつくりかた

  5. 私たちが最も恐れているものとは?

  6. 母が与えてくれたもの

  7. 自由自在

  8. 広げず、深める

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)