古巣へ

社会について思うこと

先日、大阪の堂島へ出かけました。
サラリーマン時代、この地で10年ほど勤務していました。
このビルは、当時の勤務先が入居していたビルです(現在は、難波へ移転しています)。
懐かしい気持で、写真を撮りました。

当時、本当に苦しい毎日を過ごしていました。
勤務先は一流企業、仕事の内容に不満はない、上司や同僚、そして取引先も良い人ばかり・・・
そんな環境にいるのに、私は心身を病みました。
真っ暗なトンネルの中を歩いている、そんな気持ちで毎日を過ごしていました。
それがなぜか、ようやくわかってきました。

あの時代があったからこそ、今がある。
改めてそれを感じました。
お世話になった会社とこのビルに感謝をし、当時よく行った書店へ行き、当時よく食べたランチをいただきました。
とても心安らぐ、ひと時でした。

ありがとうございました。

整体読本「掌ひとつの革命」
無料でダウンロード
“心を使って人間という生命体を整える”、癒しの人間学「心整体法」の入門書。整体に興味がある方はもちろんのこと、生き方や働き方に迷いや悩みがある方に、ぜひお読みいただきたい整体読本です。もちろん、何をやっても治らない、頭痛、めまい、動悸、過呼吸、不眠、慢性疲労、自律神経失調症、起立性調節障害、不安障害、パニック発作、うつなど、原因不明の不快症状や心の病で苦しんでおり、わらにもすがりたい気持ちで、改善の道を探しておられる方にも、きっとお役に立てる内容だと思います。
社会について思うこと
シェアする
西田 聡をフォローする
掌ひとつの革命
タイトルとURLをコピーしました