開店9周年

仕事について思うこと

9年前、2008年11月23日。
私は、生まれて初めて自分の看板を掲げた。

当時、47歳。
人生の半分を、サラリーマンとして過ごした。

勤務していたのは、従業員数万人、年商1兆円を超える大手一流企業。
24年間、身を置いたそこを飛び出し、大企業の看板を外す。

しかも、未知の業界、未経験の仕事、初めての自営。
慎重で臆病な私としては、大胆かつ無謀過ぎる決断と行動だった。

何もない、ゼロからの出発。
不安で不安で仕方がなかったが、それを打ち消す想いに燃えていた。

居心地のいい、大企業勤務。
無難に過ごせば、そこそこの処遇が受けられる。
下手をしない限り、クビにはならない。

大きなプロジェクトを完遂すれば、大いに評価される。
責任あるポストを与えられれば、まあまあの収入が与えられる。
しかし、そのいずれも、私が望むものではなかった。

いずれにせよ、会社の看板が無くなった時、自分に何ができる?
定年後に、何が残る?
それを考えると、気が狂いそうになるほど不安になった。

行き帰りの通勤ラッシュ。
生気を失った大勢の人間が、電車にぎゅうぎゅう詰めにされる。
どう見ても、異常としか思えなかった。

大声で、もう嫌だ!!と叫びたくなる。
しかし、仕方がない、これ以外に道はない。
みんなやっているんだ、同じなんだと自分をなだめる。
ブレーキを踏みながら、アクセルをふかす毎日。

生きるってどういうことだ?
命って何だ?
そこそこで折り合いをつけるのが、人生なのか?

時間は、命そのものだ。
もう半分も残っていないであろう、自分の命。
いつまで無駄使いするのか。

自分を誤魔化さず、自分に嘘をつかず、自分に言い訳をしない。
ひたすら自分に正直に生きる。
心から信じることに全身全霊を傾け、自分の限界を超え、成長し続けることで人と社会に貢献する。

自分は、そんな人生、望むべきもないのか。
そんなことはない、絶対に自分にもできるはずだ。
いや、必ずやってみせる。
その一心で、大胆かつ無謀な決断をした。

しかし、道は想像を遥かに超えて険しかった。
もうダメだ、これで終わりだと思ったことは、二度や三度では済まない。
よく9年も続けられたと、つくづく思う。

多くのものを失い、たくさんの人が離れて行った。
その一方で、それを超える多くのものを得て、たくさんの人に支えられ、助けてもらった。
ただただ、感謝するばかりだ。

今朝、見上げた看板。
朽ちてかなりボロボロだが、私には輝いて見えた。

そう、未来は明るい。
無限とも言える、命の可能性に挑戦し続ける。
その道は、まだ始まったばかりだ。

初心に戻り、自分の歩むべき道を、今一度、確かめる。
今日は、そんな日となった。

整体読本「掌ひとつの革命」
無料でダウンロード
“心を使って人間という生命体を整える”、癒しの人間学「心整体法」の入門書。整体に興味がある方はもちろんのこと、生き方や働き方に迷いや悩みがある方に、ぜひお読みいただきたい整体読本です。もちろん、何をやっても治らない、頭痛、めまい、動悸、過呼吸、不眠、慢性疲労、自律神経失調症、起立性調節障害、不安障害、パニック発作、うつなど、原因不明の不快症状や心の病で苦しんでおり、わらにもすがりたい気持ちで、改善の道を探しておられる方にも、きっとお役に立てる内容だと思います。
仕事について思うこと
シェアする
西田 聡をフォローする
掌ひとつの革命
タイトルとURLをコピーしました