父はどこへ帰りたいのか

「こんなとこ、嫌や」
「帰りたい」
「連れて帰ってくれ」

施設にいる90歳の父が、たまに、そう言う。
時に、激しい口調で。

どこへ帰るつもりなのか。
どこへ帰りたいのか。

昨年、母が亡くなったこと。
もはや、それさえ忘れている父。

当初は、理解させようとした。
わからせようとした。

しかし、それは無理とわかった。
現実を知ることがいいとは限らないと思った。

施設を探し、入居の段取りをしたのは私だ。
これでいいのか、何度も自問した。
人にも相談した。
その上で、最善の選択をしたつもりだ。
でも、今も、施設にいる父を訪ねると、心が痛む。

この半年で、認知症状がさらに進んだ。
これまでの施設では、対応が難しくなった。

父の尊厳を守りつつ、安全に、穏やかに過ごすには…
昨年末から、ずっと考えていた。

今日、父は新しい施設へ移る。

〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜

介護サービスや施設は、待機者が多いと聞いていた。

希望しても、すぐに受けれない、入居できない。
下手をすれば、半年待ち、一年待ち。
複数の人からそのように聞いていたし、地域の支援施設からもそのように言われていた。

しかし、私たちは、非常に幸運だった。
待つことなく、サービスを受けたり、入居ができた。
今回も、そうだった。

また、父は、この半年で2回、行方不明になった。
いずれも、怪我もなく、無事に保護された。

亡き母が見守ってくれている、助けてくれている。
そうとしか、思えない。

関連記事

  1. 般若心経

  2. よいものを大切に、長く使う

  3. 整体院業務の品質向上に欠かせない!迷惑電話撃退システム「トビラフォン」…

  4. 迷うなら、やれ!!

  5. 原点へ

  6. 母が他界しました

  7. 2018年、お世話になりました

  8. 守らなくてはならないもの

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)