帰る場所

先週末、千葉県船橋市の関東道場において、整体塾プログラム(講座や体験会)を終えました。
新たな出逢いもいただき、とても充実した三日間でした。

中でも、とても嬉しかったこと。
それは、久しぶりに講座に参加した門下生(整体起業講座修了生)が、

「帰る場所があるのは、本当にありがたい」

と言ってくれたこと。
整体塾を「帰る場所」と表現してくれたことです。

「帰る」は「還る」でもあると思います。
還るというのは、本来の自分を取り戻す、そんな意味です。

新たな道を歩む決断をした自分。
迷い、悩み、苦しみながらも歩み続けた自分。
その中から何かを見つけた自分。

そんな自分を思い出し、今一度、自分の立ち位置やあり方を確かめる。
時々は、そんなことが必要なのではないか、と思います。

生涯をかけて互いの成長を支え合い、喜び合う、命の学び舎。
心身楽々堂・整体塾は、これからもそんな“あり方”を大切にしたいと、年初にあたり、改めて心いたしました。
ありがとうございました。

関連記事

  1. 自由業

  2. 整体の現場で感じる、子どもの健康に影響する親のあり方・関わり方

  3. 内なる声を聴く〜心整体法・集中合宿セミナー@安曇野

  4. 「治療院革命」を訴える治療家に対する疑問

  5. 徒然と整体(1) 〜 ゆるす

  6. 子どもの不調から感じること

  7. 仕事は最高の自己表現手段である

  8. 徒然と整体(3) 〜 ゆだねる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)