あり方〜医師、治療家、整体師の違い

多くの人が悩む、慢性疾患、難治性疾患、精神疾患。
これらは、散らかって汚れた部屋に似ている。

 ものが散乱し、あるべき場所にない。
 不要なものが堆積している。
 その結果、部屋が正常に機能していない。

過ごしにくいし、不快で仕方がない。
何とか部屋をきれいにしたい。

現代日本における、一般的な医師の役割。
それは、散乱しているものを全て収納庫に押し込み、見えなくすることである。
一見、部屋はきれいになるであろう。

しかし、あくまでも一時しのぎに過ぎない。
そのままでは、また同じように散らかるだろう。
そして、やがて収納庫は満杯になる。
入りきらなくなったものが溢れ出し、さらなる惨状を招くだろう。

それに対し、治療家の役割は、散乱しているものを整理整頓しながら片付けることである。
不要物は廃棄し、あるべきものをあるべき場所に収納する。
部屋はきれいに、かつ使いやすくなるので、とても助かるし、ありがたい限りである。
しかし、また同じことを繰り返す可能性は否めない。

私が考える整体師は、治療家とは異なる。
整体師の役割は、片付け方を教えて、自分できれいにできるよう指導することである。
時々、手伝いはするが、あくまでも主体は本人である。
時間がかかるし、面倒である。

しかし、ものや部屋の特性を理解し、整理整頓の方法を学ぶこと。
自分自身の力で快適な生活環境を手に入れ、維持すること。
それが、とても大切だと考えるからである。

受け手として。
施し手として。
どの「あり方」を選ぶか。
そこに、善悪や正解不正解はない。
ただ、違いがあるだけだ。

ただ、今や日本は超高齢社会である。
数年内に、国民の3人に1人が65歳以上となる。
それが、何を招くのか。
間違いなく高齢者になる自分はどう生きるのか。

今、誰もが考えるべき問題だと思う。
整体は「教育・共育」である。
私がそう提案する大きな理由の一つは、ここにある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

1960年、大阪生まれ。2008年、47歳の時に、突如、24年間勤務した会社を辞し、整体師に転身することを決意。多額の住宅ローンを抱え、当時高一と中二、二人の息子がいる身で脱サラし、未経験の仕事で起業するなど狂気の沙汰と、周囲の誰もが猛反対する。しかし、耳を貸さず、整体院の独立開業を断行。案の定、失敗、挫折、絶望の連続で、辛酸をなめ尽くすが、ぎりぎりのところで踏み止まる。修得した整体手技療法を基盤に、合氣道修行で得た心身修養の精髄を加味した「心整体法」を着想。病院で治らない慢性疾患や自律神経失調症専門の整体院という独自路線を歩み、自力で整体院経営を軌道にのせる。組織に依存せず、束縛されず、自分の良心や信念をいっさい曲げることなく、己の身一つでサラリーマン時代を大きく超える収入が得られることを証明する。その経験を生かし、脱サラ・起業に特化した整体塾を主宰。まったくの未経験者を「オンリーワンの整体師」に育てあげることについては、日本一の手腕を持つ。これまでに、50名を超える整体師を輩出。現役の整体師を続けながら、大阪府枚方市、千葉県船橋市を拠点にして後進を育成。また、各地で一般の方に向けたセミナーや体験会を開催し、「心整体法」を伝えている。