持続可能な社会へ

社会について思うこと

約20年前に乗ってた愛車、ミニクーパー。
これは、そのクルマのシフトノブです。
クルマは売却しましたが、パーツだけ残っていました。
とても懐かしいです。

当時で、ミニ生誕30年でした。
ゆえに、もう50年以上前に設計されたクルマです。

マニュアルトランスミッション。
重いクラッチ。
窓を開けるのは、手動。
パワーステアリングも、ありません。
ドアキーとイグニッションキーは、別。
グリスをさすなど、日常のメンテナンスが必要です。
スピードもでません。
エアバッグなどの安全対策もありません。
エコカーでもありません。

でも、日常利用には、十分でした。
子供たちが大きくなってきたので、私は手放してしまいましたが、今でも時々、走っているのをみかけます。
オーナーが大切に手入れをして、乗っておられるのでしょう。

それに対し、現在のクルマはどんどん進化しています。

もっと便利に。
もっと速く。
もっと快適に。
もっと高性能に。
もっと、もっと、もっと・・・

私たちは、それが良いことと信じて疑わず、やって参りました。

しかし、その結果、環境破壊が進みました。
大気、水質、土壌の汚染は、取り返しのつかない域だそうです。
そして、人間が怠惰になりました。
社会全体に、思いやりや優しさがなくなりました。

このままではいけない。
違う方向に舵を取り、エネルギーを注がねばならない。
多くの人が、気付き始めていると思います。

持続可能な社会へ、どうシフトしていくのか。

一人ひとりが考え、実践行動すべき時です。
新しい月を迎えるにあたり、クラシカルな木製のシフトノブを眺めながら、改めてそのようなことを考えておりました。

今月も、よろしくお願いいたします。

整体読本「掌ひとつの革命」
無料でダウンロード
“心を使って人間という生命体を整える”、癒しの人間学「心整体法」の入門書。整体に興味がある方はもちろんのこと、生き方や働き方に迷いや悩みがある方に、ぜひお読みいただきたい整体読本です。もちろん、何をやっても治らない、頭痛、めまい、動悸、過呼吸、不眠、慢性疲労、自律神経失調症、起立性調節障害、不安障害、パニック発作、うつなど、原因不明の不快症状や心の病で苦しんでおり、わらにもすがりたい気持ちで、改善の道を探しておられる方にも、きっとお役に立てる内容だと思います。
社会について思うこと
シェアする
西田 聡をフォローする
掌ひとつの革命
タイトルとURLをコピーしました