仕事は最高の自己表現手段である

【仕事は最高の自己表現手段である】

これ、神田昌典さんの言葉です。
心から共感します。

ちなみに、神田さんは、日本トップクラスの経営コンサルタントであり、世界的なマーケッターです。
昨年、私は神田さんのマーケティング塾で学ばせていただいたのですが、ハッとさせられ、深くうなずかされることばかりでした。

〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜

さて、誰かがFacebookで次のような投稿をされていました。
その方は、医療関係の職場で、健康診断のお仕事をされているようでした。

「本当は健康診断なんて要らないし、受けない方がいいんだけど、お仕事なので楽しんで頑張りまーす」

こんな方、多いのではないでしょうか。

生活のため…
お金を得るため…
家族のため…

人のためにならないこと、不必要なこと、本当はやりたくないことでも、仕事だからやる。
日本人は、大半がそのような働き方、生き方をしているのではないでしょうか。

何を隠そう、私もそうでした。
そうやって約50年足らず、自分をごまかし、偽り、言い訳をしながら、生きてきました。
だから、ついには心身を病んだのだと思います。

〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜

日本の社会は、嘘と理不尽さにまみれている。
それが、少しずつ明るみに出て、SNSのおかげで、それに気付く人も急増しているように感じます。
しかし、社会は一向に変化する様子がありません。

なぜか。
それは、大半の人の働き方、生き方が変わらないからです。
自己表現と仕事を別にしているからです。

多くの人は、給料をもらうことによって、嘘と理不尽さに満ちた今の社会を支え続けているのです。
虚構を維持することに、寄与しているのです。
だから、いくら声をあげようが、記事をシェアしようが、署名しようが、街頭デモをしようが、社会が変わらないのです。

知ることは、大切です。
知らせることも、大切です。
でも、一番大切なのは、行動することです。
それなしには、何も起こりません。

行動とは、誰かを批判することではありません。
署名することでも、デモに参加することでもありません。
本当に必要な行動は、自分を変えることです。
自分の働き方を変え、生き方を変えることです。

〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜

地球や自然に対する、傲慢と冒涜を反省するために。
人間だけでなく、全ての命を尊重する世界を取り戻すために。
誰もが安心して、自分らしくあれる社会を実現するために。

等身大で、本気で、本音で。
最高を目指し、最善を尽くし、限界を超える。
共感で、つながりをつむぐ。

私が、整体という仕事を通じて、実践していることです。
それが、最高の自己表現手段だと思っています。

関連記事

  1. 開店9周年

  2. 男の整体、女の整体

  3. 真の癒しを求めて

  4. 帰る場所

  5. なぜ整体で起立性調節障害が改善されるのか

  6. 整体的セルフケアについて(1)/整体即生活、生活即整体

  7. 規模と効率を求めない

  8. 祝・整体起業講座修了

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)