長年の懸案事項であった、整体院内の蔵書管理に着手する

心身楽々堂へ初めて来られたお客さまの多くが驚くこと。
それは、蔵書の多さである。

1,000冊足らずなので、それほどの数でもない。
しかし、整体院にたくさんの本が置いてあることが意外なのだろう。

実は、全てを読んでいるわけではない。
数えたわけではないが、読破したものは3割程度だと思う。

本と私

私が、本をよく読むようになったのは、就職してからだ。
入社後、しばらくして、自主的に学ぶ必要を強く感じるようになったからだ。
与えられた仕事をこなすだけだと、自分はダメになる。
そう感じ、せめて本を読もうと思ったのが、はじまりである。

だからだろう、読むのはビジネス書や自己啓発書が多かった。
もっとも会社員時代に入手したものは、一部を除いては自宅で保管している。
整体院内にある本は、2008年以降に入手したものが大半だ。

本との出会いは、ご縁だと思っている。
読みたいと思ったり、タイトルが気になった時は、とりあえず手に入れる。

入手したら、当たり前だが、必ずざっと目を通す。
読む気になれば、そのまま読み進め、一気に読んでしまう場合もある。
逆に、読む気にならない場合もある。
その本は、そのまま棚に並ぶ。
そうやって、どんどん本がたまってきたという状況である。

なぜ整体院内に本を置くのか?

ただでさえ狭い、整体院の室内。
なぜそこに多くの本を置くのか。

ひとつは、来られたお客さまに、私という人間を知っていただきたいからである。
何に興味関心があるのか。
どんな背景や志向を持っているのか。
本のタイトルを見れば、何となくわかっていただけるであろうからだ。

もうひとつは、貸し出しをするためだ。
整体院でのセッションには時間に限りがあり、少しのことしか伝えられない。
場合によっては、本をお読みいただくことで、補えると考えている。
これまでも、積極的なお客さまは「お勧めの本、貸してください」とおっしゃる。
もちろん、快くお貸ししている。

ついに整理を決意!

これまでは“何となく”分類し、並べていた。
しかし、1,000冊近くなり(実際は、約800冊であった)、どこに何があるか、把握できなくなってきた。
お客さまに読んでいただきたい、お貸ししたいと思っても、探せない。
そんなことが、何回か続いた。

これはいけない!と思い、整理することを決意した。
しかし、どうせやるなら、効率よく進めたい。
何よりも、検索や探索が容易にできるようにしたい。
いい手段はないか…
で、見つけたのがスマートフォンのアプリである。
これだ↓

「蔵書マネージャー」
http://bsy-web.com/software/bookmanager.html

整理作業の実際

まずは、すべての本を棚から出し、1点1点、ISBNコードをアプリで読み取る。
すると該当する本が表示されるので、登録する。
自分が探しやすい分類方法を考え、アプリ上でフォルダーを作り、登録データを分類する。
登録済みの本を、分類にしたがって仮置きする。
すべて登録が終わった時点で、仮置きした本を分類しながら、棚に設置していく。
これを、二日間かけて行った。

↓ 施術台の上に仮置きしている状態

蔵書の分類について

蔵書は、以下のように分類している。
閲覧や貸し出しを希望される方は、参考にして欲しい。

今後について

今後は、

1)各分類内での整理
2)分類名の見直し
3)増加対策(設置場所確保や廃棄)

などが課題と考えている。

いや、それ以前に読めよ!という意見もある。
それについては、現在「瞬読」というスキルを身につけようと努力している。
それを利用して、読みたいものから読み進めようと思う。
そのためにも、今回アプリで一望できるようになったことは、ありがたい。

本は読まなくてもいい?

冒頭に述べた通り、私は蔵書のすべてを読破しているわけではない。
数えてないが、よくて3割程度だろうか。
何となく罪悪感があったのだが、最近、次のような記事を見つけて少しほっとしている。

↓ 本は読まなくてもいい
https://socrates.media/2019/03/04/4123/

最近は、電子本も浸透してきた。
でも私は、印刷製本された紙の本が好きである。

すべての本を手に取り、バーコードを読み取り、分類して収納する。
とてもたいへんだったが、本と対話できる、とても楽しい時間でもあった。

関連記事

  1. なぜ組織にしがみつくのか

  2. ひとりで生きる

  3. 精神医療から見えてくるもの

  4. 翌朝、痛みがほとんどなかったので、おかしくなって、一人で笑ってしまいま…

  5. ゴールデンウィークに思うこと

  6. 「治療院革命」を訴える治療家に対する疑問

  7. 心整体法・集中合宿セミナー@安曇野のご案内

  8. ギックリ首になりました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)