整体起業のすすめ

仕事について思うこと

今後の日本において間違いなく起こり、私たちの生活や人生に大きな影響を及ぼすであろう事象が二つあります。それは「AI(人工知能)の高度化と浸透」と「超高齢社会の到来」です。この二つの事象を悲観的に捉えるのか、楽観的に捉えるのか。その選択により、未来は大きく変わると考えています。私は楽観的に捉えて、希望ある未来を創造したい。そして、整体は、そのための強力なツールになると確信しています。
 
AIに仕事を奪われる。そんなことが喧伝されていますが、本当にそうなるかどうかはわかりません。しかし、これまで人間がやっていた仕事の多くをAIが肩代わりしてくれることは、間違いなく増えてくると思います。むしろ面倒なことは、そうすればいい。そして、人間は人間にしかできないことに集中することにより、社会に調和と希望が生まれると思います。整体は、その入口として機能します。
 
現在、私の整体院には病院では治らない深刻な痛みや症状でお悩みの方が多数来られます。しかし、整体は痛みを取ること、症状を治すことが目的ではありません。整体とは、人間が本来備える生命力を覚醒させ、活性化させ、霊性を高めていく営みだと私は考えています。生命力は目には見えませんが、その力は偉大であり、無限とも言える可能性を秘めていると思います。その力を解明し、誰もが使えるようにし、霊性を高めるお手伝いをすることが整体の本懐であり、存在意義だと私は考えています。
 
本来、日本人は霊性が極めて高く、生命力が桁違いに強い民族だったと思います。ところが現代社会においては、その特性や力が極限近くまで落とされ、弱められています。このまま進めば、ほぼ間違いなく日本民族は根絶やしになる(つまり日本は滅亡する)と思います。風前の灯火同然の日本人の霊性と生命力を大切に守り、取り戻し、再び煌煌と輝くよう復活させることこそ、現代における整体の最大の使命だと考えています。
 
人生経験を重ねるにより、さらに霊性を高め、生命力を磨き上げていくこと。そして、それを人や社会のために役立てること。それが、本来の人間としての在り方だと考えています。社会のお荷物になる年齢の重ね方をするのは、あまりに残念であり、悲しいことでもあると思います。豊かに年齢を重ねることは、幸せの源泉であり、社会の希望でもあると思います。そして、それを実現できるのが、整体なのです。
 
一人でも多くの大人が、未来に対する希望をもって、自分らしく、自立して、自由に生きることこそ、末期的状態を呈しているこの国を救う、唯一の道だと考えています。上記に述べたような整体をツールとして起業をし、生業とすること。もし今の仕事や生き方に疑問を感じるなら、ぜひご検討いただきたいと思います。成長を求めるなら、真剣に生きることです。そして真剣な生き方は、最高に楽しく、幸せな生き方でもあります。
 
添付した写真は、先日、実家で発見した幼い母と祖母のツーショット写真です。80数年前(おそらくは昭和7年頃)に撮影されたものです。当時はまだ昔ながらの日本人らしさが残っており、質素ではあったが、とても豊かな暮らしをしていたと想像されます。この後、彼女たちは戦争を経験するわけですが、たくましく生き抜きます。母や祖母が何を大切にして暮らしていたか。それを手繰ると、これから私たちがどう生きるか、そのヒントがたくさん見つかります。質素だけれども強く、豊かに生き抜いた母と祖母に対する、心からの愛と敬意と感謝の意をもって、この命を全うして参りたいと改めて決意する次第です。

整体読本「掌ひとつの革命」
無料でダウンロード
“心を使って人間という生命体を整える”、癒しの人間学「心整体法」の入門書。整体に興味がある方はもちろんのこと、生き方や働き方に迷いや悩みがある方に、ぜひお読みいただきたい整体読本です。もちろん、何をやっても治らない、頭痛、めまい、動悸、過呼吸、不眠、慢性疲労、自律神経失調症、起立性調節障害、不安障害、パニック発作、うつなど、原因不明の不快症状や心の病で苦しんでおり、わらにもすがりたい気持ちで、改善の道を探しておられる方にも、きっとお役に立てる内容だと思います。
仕事について思うこと
シェアする
西田 聡をフォローする
掌ひとつの革命
タイトルとURLをコピーしました